王様とプロメテウス ~王様とマリ②  前編~

王様のところにやってきた、見習い魔法使いのマリ、第二回目の始まりです!
さてさて、マリがやってきてから一週間、マリはすっかりお城の生活に慣れてきました。退屈になったマリは、外に出たくてしかたありません。
「王様、今日は良い天気だし、そとに出かけようよ!」素直な王様は大賛成!「マリ、それは良いアイデアじゃ!しかし・・。」
王様はセバスちゃんの顔色を伺いました。王様は、この国の王様の仕事があります。といっても、大体は部下に任せて暇なのですが、暇な時はいかにも王様らしく、お城の王座に座っていなさいと、セバスちゃんにいわれているのです!
セバスちゃんはいいました。「ダメです、王様はこうしてわが国民のために、お城から王様らしく、国民のみんなを見守っていなくてはいけないのでございますから!」マリもセバスちゃんにそう言われては仕方ないと思いましたが、簡単には諦め切れません。
えい!ニセニコ、モグーン!」マリーは杖を一振りすると、なんと魔法で王様そっくりの人形を作って王座に座らせました。「これなら大丈夫でしょ?セバスちゃん」セバスちゃんも本当は外で遊びたかったのですが、仕方なく賛成したふりを装いました。
「まぁ、少しなら構わないですな。」「やったーーー!」マリは大喜び、王様もにんまりしています。「あ、でもこの人形動かないけど大丈夫かな・・・、私見習いだから、動く人形はつくれないの・・。」お城のみんなには、王様がいないとしれたら、大変です。
でも、王様は胸をはっていいました!「我輩はいつもぼーっとしておるので、大丈夫じゃ!」・・・王様、それでいいのでしょうか?でも、セバスちゃんが何もいわないところをみると事実なのかもしれません。
こうして、王様達一行は、お城の窓から三人乗りの箒にのって飛び出しました!「ヒャッホーーーー!」はしゃいぐマリとは反対に、王様はすっかりへっぴり腰になってます・・・。セバスちゃんも平気なふりをしていますが、箒を掴む手に力が入ってますね。
マリはうーんとスピードをあげて、ぐんぐん、お城が小さく見えなくなるまで、飛んでいきます。もう10個ほど山を越えると、大きな町が見えてきました。
ピカピカと町中は眩しく光り、道も綺麗に整理されてます。「王様、ここで降りてみてはどうかしら?とっても楽しそうよ!。」「それはいい!ここで探検じゃ。」といっても、王様は恐くて町の景色を全然みていませんでしたけどね!
マリは町の端にある、一番高い鉄塔にゆっくりと降りていきます。「ここは、科学の町、サイエンスタウンですぞ!我が国の中でも、一番実験がされている国でございます!」さすがセバスちゃん、伊達に長く生きているわけではありません。この国のことは、誰より物知りなのです。
こうして、三人は鉄塔の前に下り、鉄塔に入ってみることにしました。「わしじゃ、王様じゃ!開けてくれー!」王様が重そうな鉄の扉を叩くと、中からセバスちゃんより髭もじゃの博士が出てきました!
「ようこそ王様、私は紅茶の水博士、ここでは火の実験をしているのですよ!」鉄塔の中には、隅々までパイプが巡らせて有り、そこらじゅうで、ぜんまいやらばね仕掛けの装置が動いています。マリもびっくり、興味津々です。
「紅茶の水博士さん、ここでは何の実験をしているの?」「良くぞ聞いてくれました。ここでは、この”プロメテウス”という機械を作って、ずっと消えない火の研究をしているのです!」「へぇー、ずっと消えない火なんて、それは素晴らしいわ!魔法でもそんなに難しい事はできないもの」王様もびっくりです。
「ずっと消えない火とは素晴らしい!いつでもお風呂に入れるし、もうたき火もいらなくなるのう!」セバスちゃんはもちろん実験のことは知っていました。「博士、実験はどうでしょう?完成しそうですか?」
「なんとも偶然、実はちょうど今日、最後の実験をするところなのです!この実験がうまくいけば、消えない火は完成しますよ。」
紅茶の水博士は、”プロメテウス”を指差していいました。王様は実験をみたくてウズウズしております。「いつやるのじゃ?その実験は!早くやろうではないか!お風呂に入り放題なのだぞ!」王様はよほどお風呂が気に入っている様ですね。
「王様、準備はもう終わっていますよ!ちょっとティータイムをとってからと思いましたが、王様が来てくれたのですから、早速はじめましょうか!」セバスちゃんは気を遣っていいました。「王様のために、いいのですか?ティータイムが?」
「もちろん!私もお風呂には入り放題が楽しみです!」王様が見に来てくれたのが嬉しいのか、博士もすっかり張り切っています。「では実験開始!」博士の掛け声とともに、いよいよ実験がスタートしました。
                    ~前編終了~

◆当サイト人気の無料診断コンテンツ◆

このブログと一緒によく読まれているブログ

コメントを残す


CAPTCHA