日記

最近の近況

最近忙しかったのですが、やっと少しブログを書く余裕も出てきました。さてさて、そんな私の近況ですが、今は占い師を引退して、社会福祉士の資格取得にむけ勉強をしながら、社会福祉施設で働いている毎日です。

これまでは対個人としての対人援助を学んでいたのですが、社会福祉とは対個人とはいっても、社会全体からのアプローチを考える援助になります。その人の家庭環境だったり、地域にある社会資源、自身がもつ強みを考えながら、生き甲斐のある暮らしを共に創り出すことが、社会福祉士としての役割になるわけです。

私は勉強の途中ですが、この仕事にとても大きな可能性を感じています!社会全体でその人を支えていくという仕組みは、カウンセリングにおいても活かしていけるのではないかと感じていて、それが今回対面相談をやってみようと考えた大きな理由にもなっているわけですね。そんなわけで、今は職場と自宅を往復して、せっせと勉強をする毎日です。春ごろには、もう少し遊べる余裕が持てるといいなと思っています。ではでは、またお会いしましょう!

あけました!

新年明けましておめでとうございます。今年もいよいよ始まりましたね!

僕は2日から仕事でしたので、あまりゆっくりはできませんでしたが、おせちを食べたり、親戚で集まって正月らしい一日を過ごしました!

やっぱり、一年の始まりは新鮮な気持ちになれますね。今年がみなさんにとってもいい一年になることを願っています。

このブログももうすぐ始めて一年になりますが、こんなブログでも訪れてくれる人がいることに感謝し、いい記事を書ける様に頑張ります。

では、今年も頑張っていきましょう(^^!

いよいよ年末 ~日記~

こんばんは、今日は久しぶりに日記を。

早いものでそろそろ今年も終わりですね。今年はどんな一年でしたでしょうか?私は挫折があって、成長があって、とても思い出深い一年になりそうです。いつもこの季節に思うことですが、本当に時間がたつのは早いですね。仕事が終わるまでのあと一時間は驚くほど長いのに(笑)、一年というのは思い返すとあっという間です。

始めは軽い気持ちで書き始めたこのブログも、すっかり自分にとっては大切な場所になりました。おかげさまでネット鑑定も順調で、鑑定をさせて頂いた方には喜んで貰っています。何でもかんでも、というわけではないですが新しい経験を積むというのはいくつになっても勉強になるものですね!

そして年末の楽しみといえばやっぱり忘年会!今年一年を共に過ごした人たちと一年を振り返る日本の伝統行事ですね!

そうして集まることで、改めて人の温かさや絆を感じ、そしてまた新しい一年へと進んでいくことができます。

師走は坊主も走るというくらいにとにかく忙しいですから、みなさんお体には気を付けて、あと一か月を頑張りましょう!では、また。

 

平和へ ~日記~

まだまだ暑い日が続きますね。さて、最近のニュースのことですが、、先日山本美香さんがシリアで殉職されました。なんの罪もない山本さんが、戦争の被害者となってしまい、心よりお悔やみ申し上げます。
危険な戦場という場所から、戦争の悲惨さを伝える事、本当に尊い活動をされていたと思います。歴史を振り返れば、それはまさに争いの歴史です。おそらく地球上で戦争が起きていない時代はない。人類が誕生して以来、人は常に争ってきました。何かを奪い合い、憎みあい、思想や宗教を押し付け、無意味な争いを繰り返してきたのです。
今、日本でも中国とは尖閣諸島問題、また韓国とは竹島と、領土問題が起こっていますね。確かに、言葉や文化、髪の色や瞳の色、我々は違う人種といえるかもしれませんが、元を辿れば、私達は同じ地球から生まれた地球人という意味で同じ人種のはずです。なぜ譲り合いではなく、奪い合いを繰り返すのか、私には疑問でなりません。
聖書の中には、人々の言葉が別々になってしまったことが、創世記第11章、あの有名なバベルの塔のエピソードで示されています。本当に、神の怒りゆえ、我々は違う人種になったのか?私達は言葉が違えば本当に1つになる事ができないでしょうか?私はそうは思いません。我々の魂はみな同じ、優劣なく、貧富なく、霊的な世界では全ての人達が平等です。そして、喜びや悲しみといった感情も同じく、全ての人々に同じものです。シリアの兵士だって、自分の大切な人が死んでしまえば悲しいでしょうし、また嬉しい時は喜ぶはず。
彼女が死んだという意味は、ただ兵士に虐殺された死ではない、私達に平和の尊さを訴えてくれました。私には、こうして記事にするくらいしかできることはありませんが、彼女の遺志を少しでも多くの人が感じ、悲しみや怒りではなく、笑顔で世界が1つになれる日が来る事を祈ります。

勝つのは一人。海老沼選手のことetc/ ~日記~

ロンドンオリンピック、盛り上がってますね。昨日は、丁度柔道の試合をやっていたので見たのですが、66キロ級の準々決勝、海老沼選手の判定は酷かったですね。1度韓国の選手が勝ちになったと思ったら、今度は日本に旗が三本。始めの判定は一体なんだったんだという気持ちです。選手は4年間という苦しい戦いを勝ち抜いてこの舞台に立つというに、審判があれでは可哀相です。今回の教訓を活かして、しっかりと判定をして欲しい所ですね。
それから、以前、福見友子選手を紹介しましたが、残念なが5位という結果に。本当に悔しい気持ちだと思います。どれだけ練習をしてきても、金メダルを手にする事ができるのはたった一人だけだなんて、残酷な気もしますよね。できれば、全員に敢闘賞を送りたい気分。福見選手、やはり悔しかったのでしょう。一生後悔するというコメントを残してましたね。
確かに、メダルという結果は出なかったかもしれませんが、でも多くの人が応援したし、これまで頑張ってきた事、多くの人に感動を与えたことは間違いないと思います。試合に負けても、人生は続きます。努力しても、報われない事もあるかもしれません。ただ、記録がでなくとも、頑張ったという記憶は確かに残ります。福見さんの姿をみて、「よし、自分も頑張ろう」そんな元気を貰った人がたくさんいるはずです。彼女には、そんな自分に誇りをもって、これからの人生を進んで欲しいと思います。勿論僕も。五位という結果でも、彼女が頑張ってきた事に最大限の賛辞を送りたいと思います。人生は挑戦の連続です。
どんな形であれば、また彼女が活躍してくれる日を楽しみにしています。 to be continued