王様とマリ

王様とプロメテウス ~王様とマリ② 後編~

紅茶の水博士は、”プロメテウス”のボタンをカタカタと叩き始めます。するとどうでしょう、そこかしこがガチャガチャと動き始め、パイプからは水蒸気が立ち込めます。
鉄塔の中に轟々と音が響き、もくもくと水蒸気が沸いてきます。「わー、凄いわ!ね?王様?」王様は内心恐くなったものの、マリに悟られてはまずいと、平気な顔でうなずきます。
そこえ、一人の男がやってきました。「やめるんだ、紅茶の水博士!この実験は中止しろー!!」手に斧を持った男が、実験の音に負けない声で叫びます。「こんなに素晴らしい実験をとめるあなたは、いったい誰なんですか?」セバスちゃんが聞くと、博士が代わりに答えます。
「その男はきこりのキッコリーです。何せこの実験が成功したら、たき火の木が売れなくなるからと、邪魔をしにくるんですよ。」ああ、消えない火ができたら、きっと皆がたき火をしなくなり、きこりは仕事がなくなってしまうでしょう。
キッコリーも負けじと返します。「それだけではありません。王様、消えない火は、消せない火ですよ!燃え広がったらどうするんです!王様の大切なこの国が燃えつくされてしまいますよ!」
しかし、王様は消えない火の素晴らしさに、そんなことには気が回りません。「キッコリーよ、この素晴らしい実験を邪魔するでない!」王様に止められては、キッコリーもどうしようもありません。そうしている間にも、”プロメテウス”がちゃがちゃといろいろな歯車を回し、消えない火の実験は進んでいます。普段はうるさいマリーも、静かに実験を見守ります。
「あともう少しで、消えない火が完成しますよ!」紅茶の水博士が、重そうなレバーをがちゃりと降ろしました。
プォーーーン!!
”プロメテウス”から大きな音が響き渡ります。「できました!実験は成功です。消えない火が完成しましたよ!」
「なんと素晴らしい!!さっそく火をみせてくれ!」王様は待ちきれないようすです。
博士が、”プロメテウス”の大きな釜を開けると、鉄で出来た薪に、確かに消えない火がついているではないですか!
「凄いわね!消えない火は、鉄も燃やしてしまうのね!」王様も驚いています。「これは素晴らしい。ちょっと私に持たせてくれるか。」王様が薪をうけとると、マリも手を伸ばしました。
「王様はずるいわ!私にも見せて」「待て待て、待つのじゃ!まずはわしにじっくり見せるのじゃ!」「王様だからってずるいわよ!私にも見せて!」王様は、少女のマリと張り合って、本当に子供みたいですね。博士もセバスちゃんも呆れ顔です。
「まぁまぁ、王様、消えない火なのですから、焦る必要はありません。マリちゃんに見せてあげてはどうですか?」博士が大人の意見を伝えましたが、王様は聞きません。
マリが手を伸ばすと・・・、王様は慌てて薪を放り投げてしまいました。「あっ、大変!!」マリがあわてて叫びましたが、消えない火は窓から森へ出てしまいました。
「何ということです、火が燃えうつっててしまうかもしれません。すぐに消しに行かなくてはなりませぬ!」セバスちゃんは大急ぎで外に向かいました。王様とマリ、博士も慌てて追いかけます。表にでると、一本の木に火が燃え移っていました。
「大変じゃ、セバスちゃん、を持ってくるのじゃ!」自分が投げたのも忘れて、夢中で火消しに走る王様、セバスちゃんも急いで水を探しにいきます。しかし、博士は動きません。「どうしたの?博士」「王様、これは消えない火なのです。それは水でも消えない火なのです。私、消し方を考える事をすっかりわすれておりました。」
これには王様もびっくりです。「何じゃと、それは本当か?セバスちゃん、とにかく火に燃え移った火をけすのじゃ!」木に燃え移った火はどんどん大きくなっていきます。「王様、私にお任せ下さい」セバスちゃんがホースを引っ張って水をどんどんかけます。
けどやっぱり消えない火、いくら水をかけても消えません。「ダメよ、セバスちゃん、本当に水でも消えない火なのね。あーどうすればいいのかしら」マリもすっかり困り顔です。
王様にもいつもの元気がありません。「どうすればいいのじゃ、これでは町中に、いや国中に火が回ってしまうわい!!博士、本当に方法はないのか?」博士は困り顔です。
「すいません、王様・・・。」燃え広がっていく火を前に立ち尽くす王様達、このままでは、もう30分もしないうちに森は火の海になってしまうでしょう。その時、ズシーン、ズシーン・・・と、森の中から音が聞こえてきます。
燃えている木の周りの木が、どんどんと倒れていくではありませんか!?「おー、これなら火は広がらずにすみそうじゃ、一体誰じゃ!?木を倒しているのは??」ズシーン・・、倒れる木の中から、斧をもったキッコリーが現れました。
「王様、大丈夫ですか?ひとまずこれで火は広がらずにすみそうですね!」
「あー、キッコリー、お主のいうことを聞いておけばよかったのじゃ、わしが愚かじゃった。」「キッコリー、私もです。あなたのいうことを聞いておけばよかった。」王様も博士も、キッコリーに謝りました。
「いいのです、博士、王様。もし僕が木こりでなかったら、僕も消えない火を欲しがったでしょう!でも、この火はどうしましょう・・。」周りの木は倒れても、燃えさかる消えない火を消す方法が見つかったわけではありません。
その時です、マリが何かを思いついたように杖を振りました。「バンバン、ルン!」マリは燃えている火に杖を一振り、魔法をかけました。
「マリや、一体何をしたのじゃ?」「いいから見てて、私の考えが正しければ」皆が木をみていると、だんだんと火が小さくなっていくような気がします。「今よ、セバスちゃん、水をかけてみて!」「はいです!」セバスちゃんが再び水をかけると、なんと火が消えたのです。
「これは一体どういうことなのです?」博士がマリに聞くと、「今のは火の魔法よ!消えない火を、私の魔法の炎で燃やしたの」
「マリさん、ありがとうございます!もしキッコリーとあなたがいなかったら、私は国中を燃やし、取り返しのつかないことをしてしまう所でした。」博士はすっかり落ち込んでいます。
マリはいいました。「博士の発明は素晴らしかったわ。消えない火を、人間の力で消す方法を考えてね!」キッコリーも博士を励まします。「何回でも実験してください!もしまた失敗したら、いつでも木を倒しますよ!」
「わしも、消えない火の便利さに目が眩んでいたようじゃ。もっともっと勉強して、立派な国王にならなくてはいかんな。」セバスちゃんも王様の言葉にうなずきます。「じゃあ王様、帰りましょうか。お城の人形も退屈してるわ!」
                       ~王様とプロメテウス  END~

今回のお話しに出てくる、プロメテウスは映画にもなっておりますが、ギリシア神話において、人類に火を与えたとされる神様はです。はたして、火を手にした事は人々にとってはよかったのか、火は多くの幸福をもたらすと同時に多くの不幸ももたらしたかもしれません。
人々を闇の中でも照らしてくれる”火”、使い方によっては、恐ろしい兵器に変わります。今、世間で非常に関心を集めている原子力も、もし完璧に制御して使う事ができれば、人類にとっては、とても便利なものなのでしょうね。
ただ、果たして便利なものを追い求める事が本当に正しい事か・・・。わが国は世界で唯一の原爆による被爆国です。
原子力の問題は、ただ環境やエネルギーということだけでなく、便利な世の中を作る事、成長していくことを望む今の世界の姿が正しいのか・・、そんな問いかけをもっているのではないかと僕は思います。きっと正解がない問題なのでしょうが、消えない火は消せない火、これを忘れてはいけません。

王様とプロメテウス ~王様とマリ②  前編~

王様のところにやってきた、見習い魔法使いのマリ、第二回目の始まりです!
さてさて、マリがやってきてから一週間、マリはすっかりお城の生活に慣れてきました。退屈になったマリは、外に出たくてしかたありません。
「王様、今日は良い天気だし、そとに出かけようよ!」素直な王様は大賛成!「マリ、それは良いアイデアじゃ!しかし・・。」
王様はセバスちゃんの顔色を伺いました。王様は、この国の王様の仕事があります。といっても、大体は部下に任せて暇なのですが、暇な時はいかにも王様らしく、お城の王座に座っていなさいと、セバスちゃんにいわれているのです!
セバスちゃんはいいました。「ダメです、王様はこうしてわが国民のために、お城から王様らしく、国民のみんなを見守っていなくてはいけないのでございますから!」マリもセバスちゃんにそう言われては仕方ないと思いましたが、簡単には諦め切れません。
えい!ニセニコ、モグーン!」マリーは杖を一振りすると、なんと魔法で王様そっくりの人形を作って王座に座らせました。「これなら大丈夫でしょ?セバスちゃん」セバスちゃんも本当は外で遊びたかったのですが、仕方なく賛成したふりを装いました。
「まぁ、少しなら構わないですな。」「やったーーー!」マリは大喜び、王様もにんまりしています。「あ、でもこの人形動かないけど大丈夫かな・・・、私見習いだから、動く人形はつくれないの・・。」お城のみんなには、王様がいないとしれたら、大変です。
でも、王様は胸をはっていいました!「我輩はいつもぼーっとしておるので、大丈夫じゃ!」・・・王様、それでいいのでしょうか?でも、セバスちゃんが何もいわないところをみると事実なのかもしれません。
こうして、王様達一行は、お城の窓から三人乗りの箒にのって飛び出しました!「ヒャッホーーーー!」はしゃいぐマリとは反対に、王様はすっかりへっぴり腰になってます・・・。セバスちゃんも平気なふりをしていますが、箒を掴む手に力が入ってますね。
マリはうーんとスピードをあげて、ぐんぐん、お城が小さく見えなくなるまで、飛んでいきます。もう10個ほど山を越えると、大きな町が見えてきました。
ピカピカと町中は眩しく光り、道も綺麗に整理されてます。「王様、ここで降りてみてはどうかしら?とっても楽しそうよ!。」「それはいい!ここで探検じゃ。」といっても、王様は恐くて町の景色を全然みていませんでしたけどね!
マリは町の端にある、一番高い鉄塔にゆっくりと降りていきます。「ここは、科学の町、サイエンスタウンですぞ!我が国の中でも、一番実験がされている国でございます!」さすがセバスちゃん、伊達に長く生きているわけではありません。この国のことは、誰より物知りなのです。
こうして、三人は鉄塔の前に下り、鉄塔に入ってみることにしました。「わしじゃ、王様じゃ!開けてくれー!」王様が重そうな鉄の扉を叩くと、中からセバスちゃんより髭もじゃの博士が出てきました!
「ようこそ王様、私は紅茶の水博士、ここでは火の実験をしているのですよ!」鉄塔の中には、隅々までパイプが巡らせて有り、そこらじゅうで、ぜんまいやらばね仕掛けの装置が動いています。マリもびっくり、興味津々です。
「紅茶の水博士さん、ここでは何の実験をしているの?」「良くぞ聞いてくれました。ここでは、この”プロメテウス”という機械を作って、ずっと消えない火の研究をしているのです!」「へぇー、ずっと消えない火なんて、それは素晴らしいわ!魔法でもそんなに難しい事はできないもの」王様もびっくりです。
「ずっと消えない火とは素晴らしい!いつでもお風呂に入れるし、もうたき火もいらなくなるのう!」セバスちゃんはもちろん実験のことは知っていました。「博士、実験はどうでしょう?完成しそうですか?」
「なんとも偶然、実はちょうど今日、最後の実験をするところなのです!この実験がうまくいけば、消えない火は完成しますよ。」
紅茶の水博士は、”プロメテウス”を指差していいました。王様は実験をみたくてウズウズしております。「いつやるのじゃ?その実験は!早くやろうではないか!お風呂に入り放題なのだぞ!」王様はよほどお風呂が気に入っている様ですね。
「王様、準備はもう終わっていますよ!ちょっとティータイムをとってからと思いましたが、王様が来てくれたのですから、早速はじめましょうか!」セバスちゃんは気を遣っていいました。「王様のために、いいのですか?ティータイムが?」
「もちろん!私もお風呂には入り放題が楽しみです!」王様が見に来てくれたのが嬉しいのか、博士もすっかり張り切っています。「では実験開始!」博士の掛け声とともに、いよいよ実験がスタートしました。
                    ~前編終了~

プロローグ ~王様とマリ①~

ヒロシです。これまでもいくつか物事の真理を探究してしましたが、よりわかりやすく、様々な問題に近づいていくために、新たにストーリー仕立てにして、今起こっている問題にどう対処していけばいいのかということをお伝えしたいと思い立ち、『王様とマリ』という話を掲載していく事にしました。
というのも、仏教やキリスト教などの宗教や哲学、これらの中にある真理はその時代に合わせて作られたものであって、現代に起こっている色々な問題、例えば介護、少子高齢化、インターネットのことだったり、失業などの問題に向き合うには、これらの教義や解釈を現代にあわせて考えていくことが必要であり、そうすることで生きていくヒントが見つかるのではないかと思います。といっても、話はこれから考えていくわけですが・・。掲載はゆっくりになるかもしれませんが、少しずつ書いて行きたいと思います。
それでは、第一話『プロローグ』です。
ある所に、王様がおりました。それはもう、どこにでもいるありきたりな王様です。何不自由なく、お城の中でぬくぬくと育ち、この国の王様をしております。平和なこの国で、のんびりと暮らしています。でも、そんな王様にも悩みはあります。
王様は生まれたときから王様、勝手に辞めることもできませんし、いつも誰かが側にいるのです。王様は自分の”王様”という役割に退屈していました。「何か面白い事はないものか?のう、セバスちゃん?」王様は、部下の執事に話しかけました。
黒髪で背が高く、いかにも執事っぽい感じの人、それがセバスちゃん。歳は50歳ほどですが、いつもはきはき、王様がもっとも信頼している部下です。冷静そうに見えて熱血漢、子供のころから王様の教育係であり、またいい遊び相手でもありました。
セバスちゃんはいいました。「王様、気分転換に窓でもあけて街の景色をみてはどうでしょう。」王様はいいました。「それがいい、さすがセバスちゃんだ。」どんなに平凡な言葉でも、素直に感心する。それがこの王様です。
窓を開けると気持ち良い風、草花の香りが入り込んできます。降り注ぐ太陽の光、そして空飛ぶほうき。・・・・え?ほうき??お城の窓に、なんとほうきが飛んできました。それも、人を乗せて・・・。
そう、魔法使いがほうきに乗って王様のお城にやってきたのです!ガシャーン!!魔法使いは壁に一目散、ぶつかって伸びてしまっているようです。
王様もセバスちゃんもびっくりです。王様は叫びます。「なぜほうきが、人に乗って、土間からはいってきたのじゃー??
「王様、 人がほうきに乗って窓から入ってきたのですよ。」セバスちゃんが王様のひどい言い間違いを直します。
「セバスちゃん、わしの言い間違いはどうでもよい、それよりこの魔法使いをどうすればいいのじゃ!」王様は魔法使いを指差して言いました。魔法使いは、壁にぶつかったショックでうずくまっていいます。
あたふたしているうちに、物音を聞いた王様の兵隊が大勢駆けつけました。「王様何事でしょう!?」何か一大事でも起きたのかと、兵士達は鉄砲や、槍をもって王様の部屋に集まってきました。
王様の目線の先には、一人の魔法使いがいるではありませんか!それを見た兵隊の一人が言いました。「王様、これは魔法使いではありませんか?この魔法使いは、きっとこの国を滅ぼそうとやってきたに違いありませんよ!今のうちに殺してしまいましょう。
なんと、残酷にも兵隊は魔法使いを殺そうと提案しているのです。世間知らずで、素直な王様は思いました。きっとこの魔法使いは、王様の国をほろぼしに来たに違いないと。
「それもそうじゃな、魔法使いは今すぐ処刑してしまうのじゃ!鉄砲隊、発射よーい!」王様は、鉄砲隊に号令をだしました。鉄砲隊は、鈍く光った筒を一斉に魔法使いにむけました。ざんこくなようですが、セバスちゃんも、王様の命令ならしかたないと、黙っているばかりです。
その時、魔法使いが目を覚まし、ゆっくりと顔をあげました。鉄砲は魔法使いを捕らえたままです。王様が魔法使いの顔を覗き込むと、なんと魔法使いはまだ幼い少女です。歳は15歳くらいでしょうか・・。
少女の魔法使いは鉄砲を向けられる事にびっくりしていいました。「どうして鉄砲をむけているの?窓からはいってきたことは謝るけど、私は何もしてないわ!」相手が少女だという事に、王様も驚いています。「魔女といっても、まだ少女ではないか・・。」
しかし、兵士達は口々にいいました。「王様、騙されてはいけません。魔女は恐ろしい魔法を使うのですよ!いまのうちに殺してしまいましょう」王様は世間知らず、魔女のことはよくわかりません。しかし、恐ろしい魔法を使って平和なこの国をほろぼされてはたまりません。まだ少女といっても、魔女は魔女なのです。
「よし、やっぱりこの魔女は殺してしまうのだ!鉄砲隊、構え!」王様が号令をかけると、鉄砲隊は一斉に銃を構えます!魔女は泣き叫びいいました。「ひどいわ、私は魔法を使うけど、人を殺したりはしないのに!あなた達の鉄砲は人を殺すための道具じゃない!魔法は人を殺すためにあるものじゃないわ。鉄砲を作ったあなた達の方が、よっぽど恐ろしいわ!」少女の頬を涙が伝います。
泣き叫ぶ魔女の姿を見て、王様は思いました。一人の少女に鉄砲を向けて取り囲んでいる人間達と、ほうきをもった魔女。魔女のいうとおり、人を殺すために鉄砲をつくって、争っている人間の方が恐ろしいのではないか・・。「この魔女のいうとおりじゃ!鉄砲隊、構えやめ!」
王様は魔女に謝りました。「本当に恐ろしいのは、鉄砲をもって、一人の少女を追いつめているワシらの方かもしれん。怖い思いをさせてすまなかったな。」魔女はまだ怖さのあまり泣いていましたが、王様の言葉にゆっくりとうなずきました。
今度はセバスちゃんが語りかけます。「魔女さん、あなたの名前は?この国に何しに来られたのですか?」魔女は応えます。「私の名前はマリー、一人前の魔法使いになるために修行をしているのよ。」セバスちゃんはいいました。「マリー殿、それなら、ぜひこのお城で暮らしてはどうでしょうか?」「このお城からは、国の隅々まで見渡す事ができますし、いろいろな情報が入ってきますよ。いいですよね?王様?」突然のことにびっくりしたようでしたが、ちょうど退屈もしていた時ですし、王様もうなずきました。
マリーは大喜びです。「本当にここで暮らしていいの?こんな素敵なお城に住めるなんて、私嬉しいわ!」素敵なお城といわれて少しとくいになった王様はセバスちゃんに命令します!「よし、では決まりじゃ!マリーに暖かい食事と、ふかふかなベッドを用意するのじゃ!」こうして、魔法使いのマリーは王様のお城に住む事になりました。
                            ~プロローグend~
今、核兵器の開発が大きな問題になっていますね。世界では、限られた国だけが核兵器の保有を認められ、その他の国が核兵器を持とうとすると、アメリカなどが中心となって非難をしております。
といっても、他の国からしてみたら、なんでアメリカはもっているのに、自分達がもっていけないのかということは当然の主張といえるかもしれません。
見えない魔法に怯えた王様は、鉄砲を使ってマリーを殺そうとします。しかし、本当に恐ろしいのは、一人の少女を鉄砲で取り囲んでいる王様自身だったのです。長い間お付き合いありがとうとざいました。今日はこの辺で失礼します。