コミニケーションツール

聞き上手は話し上手2 ~対人関係の秘訣⑨~

さて、本日は話の聞き方の第二弾に入りたいと思います!今日覚えて欲しいこと、それは話の主役は誰なのかということです。話の主役を掴むことで、聞く力は大幅に向上します。 例えば、ドラマの中でも人には様々な役割がありますよね?主役、脇役、ライバルにエキストラなど。それぞれ与えられた役割があり、それを守っていくことでストーリーも成り立つわけです。会話もこれと同じで、話の中でも主役、脇役があります。 例文をあげてみましょう。AさんがBさんに悩みを相談するというシチュエーションを思い浮かべながら、次の会話を読んでみて下さい。 Aさん「いやぁ実は僕、今度結婚式あげるんですよ。」 Bさん「そうなんだ!結婚式かぁー、俺も夏に結婚したばっかりでさぁー、もう大変だったよ。」 Aさん「もう結婚されてるんですね。僕もこれから心配で。」 Bさん「そりゃ心配だよな!俺の時なんか、なかなか引き出物が決まんなくてね。」 どうでしょう?上の会話、BさんはAさんの話を聞けていると思いますか?前回話した、オウム返しは出来てるし、きちんと話を聞けてるんじゃないか?そう思われた方もいるかもしれませんね。 しかし、この話の聞き方は、ずばり0点です。なぜなら、この話の主役は、Aさんではなくて、Bさんになってしまっているからなんです。 一見、Bさんは話を聞いているように見えても、自分のことばかり話してしまっています。これでは、Aさんは自分が話を聞いて貰っているようで、逆に自分が聞き役に廻っているように感じてしまうことでしょう。ここでは、あくまでも話の主役はAさんであって、Bさんは脇役に廻らなくてはいけないのです。では、どうすればいいのかというと、話の視点を常にAさんを中心に考えることです。例文を直しましたので、下の文を参考にして見て下さい。 Aさん「いやぁ実は僕、今度結婚式あげるんですよ。」Bさん「そうなんだ!俺も式はあげたけど、Aさん、今準備で大変でしょ?」Aさん「はい、本当に大変ですよ。もう結婚されてるんですね。僕もこれから心配で。」Bさん「そりゃ心配だよな!Aさんは、あと何が残ってるの?俺達は引き出物で苦労したよ~。」 上の文では、Bさんがいかに話の視点にAさんを中心にしようとしているのかということがわかると思います。このように、オウム返しをするだけではなく、会話をする時は常に、話の主役が誰なのか?これを考えて会話をすることで、より相手の話を聞く力も上がっていきますよ!覚えたことは、ただ読むだけでなく、ぜひ実践してみて下さいね。では、今日はこれまで。

聞き上手は話し上手 ~コミュニケーションツール⑧~

会話のコツ、それは話すより聞く!

さて、今日は対人関係の中でも、話を聞くコツについて書いていきたいと思います。本などでもよく話題にされるこの話を聞くコツですが、この話を聞くコツを身につければ、会話も弾み、話し下手な人でも上手に会話をする事が出来ますよ。
communication-tool9

コミュニケーションは技術だ!

会話というのは、実はきちんと学習すれば身につけることが出来る技術なのです。話し上手、聞き上手な人をよーく観察すると、彼らは 続きを読む

1+1は3、これこそがチームワーク! コミュニケーションツールvol.8

一人はみんなのために!みんなは一人のために!

職場でもどこでも、コミニケーションは非常に重要なスキルの1つですが、今日は特にチームワークということに重点を置いて話していきたいと思います。チームワークとはどういうことかというと、ただ単に集団で何かをするということではなく、それぞれの力がうまく発揮できること、名前の通り、チームで1つのWORKができることです。 サッカーなどでのスポーツでも、ポジションに決められた役割があり、それぞれが活躍できて始めて、そのチームは優れたチームワークを持っているということにないます。

1+1は3、これこそがチームワーク! コミュニケーションツールvol.8

チームのみんなを主役にしよう!

1+1=2、ではなくて、1+1=3にすることが、チームワークの力なのです。 では、うまくチームワークを発揮するコツとは何なのか、それは自分が活躍しようとするのではなく、相手の力を引き出すように動くことなのです。サッカーでも、選手一人一人の特性に合わせて、ポジションを決めますよね。パスがうまい人はハーフに、点をとるのが得意な人はフォワードにと、それぞれの役割にあった場所を割り振ります。チームワークもこれと全く一緒で、相手の長所をいかして、その長所を活かす場所を用意することが鍵なのです。

信頼関係に勝るものなし!

そして、何よりチームワークで大事なことは、お互いを信頼することです。どんなチームにおいても、実力だけでは最高のチームワークは発揮できません。相手を信頼し、その役割を任せてこそ、それぞれは真価を発揮することが出来るのです。そしてまた、人は信頼されることで、100%以上の力を発揮できます。相手の期待に答えようという思いが、その人が本来持つ力以上のものを引き出してくれるのです。もしも、チームワークがうまく機能してないな、と思ったら、まずは一度お互いの信頼関係を見直して見て下さいね!では、今日はここまで!

集団行動が苦手、、そんな方はぜひヒロシに相談を!↓↓

パワーストーンオーダーメイドブレスレットの注文はこちら

苦手な人との付き合い方② ~コミュニケーションツールvol.7~

自分の気持ちを整理しよう!

さて、今日はこのブログでもかなり検索ワードとして上位にあがる、苦手な人との付き合い方の第2段です。やはり、仕事などの固定化された環境ですと、どうしても苦手な人との人間関係が避けがたい場合がありますね。前回は、共通の敵を作る事をお伝えしましたが、今回は、相手への対処法を紹介しましょう。 まず、苦手な人と対峙したとき、自分の否定的な感情をよく観察してください。例えば、相手に対して、気まずい、圧迫感がある、話が噛み合わない、悪意をもたれているなど、苦手な方と対峙した時、必ずあなたの中には否定的な感情が浮かんでいるはずです。ここで、大抵の人はこの状況を何とかしようと考えます。

苦手の原因は、”わからない”こと!?

そうすると、ますますあなたの心に否定的な感情が広がってしまうのです。それを食い止めるために、まず自分に起こっている否定的な感情を受け止めることです。例えば、会社の上司の機嫌が悪く、気まずい空気の時は、それをどうにかしようとするのではなく、気まずいという言葉をひたすら繰り返します。 この空間は気まずいんだ、もう胸が苦しくて息がつまりそうになっている。そんな自分の気持ちをみつめる事で、不安がそれ以上広がる事はなくなります。不安というのは、多くの場合どうしていいかわからない場合に起こります。

苦手な人との付き合い方 コミュニケーションツール

いざ苦手な人と対峙した時、むりに話を盛り上げようとしたり、苦手意識をうちけそうとしても、なかなか変わらないもの。その場ですぐに解決する方法はないに等しいにも関わらず、答えをさがしてしまうために、さらに焦ってしますのです。そうではなく、問題が起こっているという事実を受け入れる事で、苦手な意識から派生する答えがわからないという不安が広がることを防ぐ事が出来るのです。

わからないは、ほっておくのが吉!

わからないことを、わかろうとすることで、自分の意識は余計に混乱します。そんな時は、それを一つのわからない、という感情として受け止めてみましょう。時には、無理に問題を解決するのではなく、傍観するということも1つの手段です。そうすることで、答えをさがさなくてはという不安が軽減し、気持ちもずっと楽になるはずです。もし、今苦手は人が周りにいるなら、是非試してみて下さいね。きっと気持ちが楽になります。では、失礼しますね!

こんな時どうすればいい?そう思ったら鑑定依頼を↓からどうぞ!!

パワーストーンオーダーメイドブレスレットの注文はこちら