良いリーダーの条件とは ~コミュニケーションツールvol.13~

良いリーダーこそ仕事が出来ない!?

果たして、本当に良いリーダーが持つべき条件とは一体何か?どんな場所でも通用するリーダーシップ論を、ヒロシなりに展開します!

f:id:giogiozone:20151211023048j:plain

リーダーになるために特別な能力は必要ない!

まずあなたがリーダーとして悩んでいて、もしそこに自分の能力の低さを原因にしている方がいるのなら、全く心配はいりません。むしろ、あなたはリーダーとしての素質があると思って下さい!リーダーはプレーヤーではありません。正しいリーダーシップとは、あなた自身が決して名プレーヤーになることではないのです!まずはこの事を頭に入れて置いて下さい。あなたがチームの中で優秀であろうとすればするほど、良いリーダーシップから離れてしまうことでしょう。

リーダーは中途半端!?

では、なぜリーダーには優秀な能力は必要ないのか?その答えを最も分かりやすく説明したのが、ダイの大冒険(集英社の少年コミックです、とても面白いですよ!)の大魔導師、マトリフの言葉です。偉大なるマトリフ大魔導師は、勇者論をこう語っています。「力じゃ戦士にはかなわない、魔法じゃ魔法使いにはかなわない。なんでも出来る反面、なんにも出来ないのが勇者って人種さ。」と。パーティーの要である勇者ですが、実は一つ一つの能力では決して一番であるわけではありません。沢山のプロフェッショナルの中で、いかにしてバランスをとっていくか。それこそがリーダーたる勇者に必要な能力なのです!

リーダーに必要なことは一つだけ!

では、リーダーになるために必要なことは何か?それは相手の長所を見つけ、そしてそれを伸ばしていくことです。世の中のリーダーは、とにかく部下の欠点を補おうと頑張りがちですが、それは間違ったリーダーシップです。本当に良いリーダーは、部下の短所を理解することに務めるだけで、それを克服することに時間を割きません。

マネンジメントの神様であるドラッカーは、このようなことを言っています。「短所を克服するには膨大な時間が必要だが、それでもようやく凡人の域に達するかどうかという程度だ。そんな時間があるなら、長所を伸ばした方がいい。」と。良いリーダーになる条件とは、相手の長所、短所を把握し、そして長所を伸ばすということが一番なのです。

出来ない人こそ向いている!

ここまで言っても、まだ自分に自信がもてないという方がいたかもしれませんが、安心して下さい。そんな出来ないあなただからこそ、リーダーに向いている理由があります!なぜなら、あなたはどこが出来ないかわかっているからです。もしも、あなたが人よりとても優秀な人間で、10を聞いて100を理解するような人間であれば、周りの部下がどこでつまづいているのか、とてもわかりずらいでしょう。しかし、あなたが凡人であればあるほど、部下がどこでつまづいてしまうのか分かるはずです。だからこそ、あなたはリーダーという人間にぴったりの存在なのです!自信がない、いつも失敗ばかりのあなただからこそ、最良のリーダーになる素質を持っていることを忘れないで下さいね!

さて、ヒロシのリーダーシップ論はいかがでしたか?もしもあなたが、いつも自信満々で優秀な方ならば、このリーダーシップ論がなくても成功できるでしょう。ですが、もしも今リーダーとしての自信をなくしているのなら、是非参考にして見てくださいね!

もしも自信をなくしてしまっているなら、ヒロシと話してみませんか↓

f:id:giogiozone:20151126003633g:plain

◆当サイト人気の無料診断コンテンツ◆

このブログと一緒によく読まれているブログ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA