『インプット、アウトプット』タイプで見分けるコミュニケーション!~コミュニケーションツールvol.14~

苦手なあの人はどのタイプ?タイプ別コミュニケーション術を紹介!

今日は、大胆にもコミュニケーションのタイプを3つに分類し、それぞれの人間とどういう風にコミュニケーションをとっていけばいいのかをお話していきましょう!

f:id:giogiozone:20151225235505j:plain

アウトプットタイプのスタイルとは?

このスタイルを持つ人間の特徴は、聞くより話す、考えるより動くことが得意で、感情を素直に表現しいることがあげられます。 話す時には、時に大きな身振りや手振りを交え、とてもエモーショナルに会話を展開する方が多く、自分の感情をアウトプットすることが得意、喜怒哀楽が表に現れやすい傾向にあります。

では、こういったアウトプットタイプのスタイルを持つ方とはどのようにコミュニケーションをとっていけばいいのでしょうか?コツとしてあげられるのは、相手のペースを乱さず、感情に共感してあげることです。

声のトーンや大きさ、また話のペースなど、相手の話し方を意識して、自分もそれを真似する様にコミュニケーションをとってみましょう。相手の身振りにあわせて、こちらも大きくうなずくアクションを取るなど、相手への共感を全身で表現することで、アウトプットスタイルの方は、自分は理解されているのだな、と気持ちよくコミュニケーションをとってくれます。逆に、相手ばかりがエモーショナルになっているという状況では、「この人、全然自分のことをわかってくれてない。」、と思われてしまいますので、気をつけて下さいね!

インプットタイプのスタイルとは?

では、反対にインプットタイプの人間の特徴はというと、言葉の手数が少なく、またあまり感情を表に出さない傾向があります。何事も即決するということはなく、よく頭の中で考えてから決断することが多く、行動より知識の吸収などを重んじるタイプです。

インプットタイプの方とうまく会話するコツですが、相手が導きだそうとしている結論を察してあげることです。インプットタイプの方は、頭の中であらかじめ起承転結を組み立ててから話すことが多く、始めはなかなか結論に到達しません。そこで、相手の言いたいことを予想して、「こういうことが言いたいんだよね?」、とこちらから提示してあげると、相手も自分の話を理解してくれているな、と安心することが出来ます。

また、このタイプの方は感情を溜め込みやすい部分がありますので、相手の考えていることを察するように注意してあげることで、お互いにストレスなくコミュニケーションをとっていくことが出来るでしょう。

インプット、アウトプットのバランス型

次に、二つのタイプの中間となるバランス型についてです。このタイプの人間は、考えることや行動することの偏りがあまりありません。話し方はとても滑らかで、いつも落ち着いているのが特徴です。会話のテンポを掴むのがうまく、リズムよく話が進んでいきます。

バランスタイプの方は、コミュニティのなかでも、何かと人の仲介をしたりという立場にあることが多いために、なかなかその人の意見を聞くのが難しい場合があります。もしも、話していてこの人はバランス型かもしれない、と思ったら、「~さんはどう思っていますか?」と、その人自身の主張に耳を傾けるようにするといいでしょう。

また、何か結論を導くことが苦手な傾向がありますので、話が曖昧になってしまわないよう、小まめに意思疎通を図ることで、お互いを尊重したコミュニケーションがとっていけますよ!

タイプ別コミュニケーション術はいかがでしたか?自分がどのタイプなのか?また相手のタイプを知ることで、コミュニケーションもぐっとスムーズにとれるようになりますので、是非参考にしてみてくださいね!

まだ自分のスタイルが見つからない・・。そんな時はヒロシに相談を!

f:id:giogiozone:20151126003633g:plain

◆当サイト人気の無料診断コンテンツ◆

このブログと一緒によく読まれているブログ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA