パワーストーンは本当に効くのか? ~今日の占い講座vol.12~

パワーストーンは効く?効かない?

さて本日はひさしぶりの更新ですが、題名どおりパワーストーンについて少しお話をしましょう。今も何度目かのブームが来ているという感じですが、パワーストーンがどういったものかは、大体の方が知っているかと思います。

f:id:giogiozone:20151229005138j:plain

パワーストーンと我々が読んでいるものは、科学的にいえば、単なる鉱物、一言でいってしまえば、”ただの石”に過ぎません。科学的に薬効があるわけではなく、石の原石や結晶などを加工したものを売っているというだけのことです。では、パワーストーンは効果がないものなのかといえば、全くそうとも言い切れません。例えば、結婚指輪に象徴されるダイヤ、あれも一種のパワーストーンといえるのですが、結婚指輪というものが人の精神に全く影響を与えないかといえば、それはNOとはっきりといえるでしょう。

ダイヤモンドもパワーストーン!?

ダイヤという石の中には、人々が長年込めてきた思いがあります。誠実に、パートナーを愛し続けるという証明として、そして決して砕けない二人の愛のシンボルとして、ダイヤは使われてきました。結婚指輪をしていることで、周りの人はその人が既婚者であるとわかりますし、また本人にも、愛すべきパートナーがいるという自覚を持たせます。

科学的にみれば、”ただの石”であるダイヤモンドですが、文化的、社会的に与えられた意味づけが、人々の中に浸透しています。つまり、こういった目に見えないエネルギーこそがパワーストーンのパワーの源であり、そういった意味で考えれば、ダイヤモンドもパワーストーンの一種だといえるでしょう。

パワーストーンはプラシーボ??

つまり、パワーストーンが効く、効かないということは、その石自体が持っているものではなく、その石に込められた人々の思いに左右されるということです。パワーストーンの意味や効果は、長い歴史の中で、人々がその石に込めてきた想いだったり、社会的な役割によって作られたものなのですね!

特に霊的な原理というのは、その人の精神と強く関係しておりますから、パワーストーンの場合は、その人の霊的な原理に極めて強く作用する”プラシーボ効果”があるといえるでしょう。 プラシーボ効果とは、病気ではないのに体調不良だといっている患者さんに対して、ただのビタミン剤の薬を渡すと、体調が直るという、一種の”思い込み”ですが、これは科学的にも証明されている方法です。思う、ということが実は実際の薬以上に効果を生み出すことがあります。パワーストーンもそれと同じく、信じることでより強く効果を発揮してくれます。

前向きな思い込みが大事!!

といっても、運や霊力は数字で測れませんし、どれくらい効果があるかは表せませんが、例えば癒しの石と呼ばれるアクアマリンをつけていて、疲れが取れたと石を信じれば、それだけ霊的な力も高められるわけですね。霊的な力とは精神エネルギーの変換であり、信じる力、いわゆる”思い込み”によって、その効果は比例して高まるわけです。 そもそも、これはお守りなどでも一緒ですが、特に我々にとって石というのは大変馴染みの深いものなのですね。古くからおまじないや呪術に使われてきましたし、信仰の象徴ともいえる存在として、人類の誕生から記憶されているのです。ですから、お守りではなく、このパワーストーンが大流行したともいえるでしょう。

私の話を聞いて、本当に?と思った方がいるかもしれませんが、この世の全てが科学では解明されているわけではありません。その未知の力、霊的な原理を引き出してくれるアイテムこそが、まさにパワーストーンの役割なのです。最近ついていないと思ったら、パワーストーンを身に付けてみるのもいいかもしれませんよ?

パワーストーンは高い方がいい!?

それから、注意をしておきますが、間違っても変に高価な石だったりパワーストーンを買わないように注意して下さいね。説明どおり、効果があがるかどうかは、値段や石の希少価値ではまったく左右されません。ただ単に、石というものが信仰の象徴となっているだけであって、石の力ではなくあくまでもあなた自身の内在的な力が原理に源だということを忘れずに!では、本日はこの辺で失礼しますね。

あなたにあった本物を身につけたいなら、ヒロシに相談を!↓↓

f:id:giogiozone:20151126003633g:plain

◆当サイト人気の無料診断コンテンツ◆

このブログと一緒によく読まれているブログ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA