お金の終着点とは? 引き寄せの法則  お金11

キャッチミー、if you can?

さて、今日は金運というものの中でも、特に運気の流れというものを話して行きたいと思います。流れという言葉はどこでも使われる言葉ですね。スポーツの試合などでも、流れが来たという言葉をよく聞くが、この流れとはどういったものか、考えた事はありますか?

引き寄せの法則 お金11
以前、お金の流れの種類をお話しましたが、今回はお金の動きそのものを見て行きましょう。こと運気ということになると、どこに運があるのかと考える事はなかなか難しいですが、金運となるとそれはとても解りやすいものです。 例えば、今は盛んに円安やドル高が叫ばれておりますが、それを追うだけでもお金の流れはよくわかります。すなわち円安の時は、輸出企業に流れがあり、それに乗っかっていけば、運気の流れに乗っていけることにもなります。この流れをうまく見えていけば、もっとお金を上手に増やす方法が見えてきます。

あなたが使ったお金はどこにいく?

流れを読むとは、その流れの方向より、むしろ終着点を意識することが大事です。あなたが使ったお金は必ずどこかに行き着いています。一本のジュースを元に、お金の流れを追ってみましょう。あなたがあるところでジュースを買ったとすると、そのお金はジュースを売った人の所に行きますね。ジュースを売った人は、今度はそのお金をジュースを作った人の所に持っていき、ジュースを仕入れます。ジュースを作った人は、その貰ったお金でどこか飲みにでも行くかもしれません。この時、このジュースを作った人が手にしたお金が、あなたがやっているお店で使われたら、うまいことあなたの所にお金が戻ってきますね。

大きな流れに目を凝らせ!

このように、お金の流れは目でしっかりと追っていくことができ、それをうまく利用すれば、流れを逃すことなく過ごす事ができるのです。もちろん、ジュース一本のような話の中では、捕らえられる流れも小さなものですが、大きな流れを気にする事で、運気は確実に近付いてきますよ。 例えば今の世界情勢でいえば、輸入企業は大損をしていることでしょうが、その損をした分のお金は、必ずどこかに流れているのです。自分の所が損をして、じゃあ得をしている所はどこかと考えると、それは輸出企業な訳なのですね。ですから、輸出企業の株を買っていたりすれば、流れの終着点をうまく掴むことになるわけです。 大きな買い物をする時や、人生の賭けに出るとき、この流れの終着点を考えていくと、良い波に乗ることができますよ。

 お金の波を掴みたい方、ぜひヒロシに相談を!!

パワーストーンブレスレットのオーダーメイドはこちらから!

◆当サイト人気の無料診断コンテンツ◆

このブログと一緒によく読まれているブログ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA