パワーストーンブレスレットの正しい浄化方法!塩の浄化!

パワーストーンの浄化方法は色々ありますが、本日は塩を使った浄化方法を紹介したいと思います。

パワーストーンは、使っているうちに邪気を吸い込んだり、効果が弱まることがあります。また、ブレスレットの特性に合わせた、正しい浄化を方法を選択することが大切です。

塩の浄化とは

sio
塩は、お葬式で禊に使われたり、またお店では盛り塩がされたりと、古くから邪悪なものを寄せ付けない力を持つといわれています。パワーストーンの浄化にも効果を発揮し、塩で浄化を行うことで、ストーンは魔除けに強いパワーを持つことができます。

塩のメリット、デメリット

塩で浄化することのメリットは、道具を購入する必要がなく、気軽に行える点です。調味料である塩は、ほとんどの家庭に常備されていますし、もし仮になかったとしても、安価に大量に手にすることができ、手に入れるのに困ることはありません。また、天候などに左右されることもなく、いつでも使うことができます。

デメリットとしては、石を傷つけてしまう可能性があるので、一部モース硬度が低いパワーストーンには使えない。また使用後の塩は処分する必要があるというところです。

メリット

  • 生活の一部として存在するアイテムのため、手に入れやすい
  • 天候に左右されず、いつでも行える。

デメリット

  • モース硬度が低いストーンには使えない。

塩の浄化方法

sio2

塩での浄化方法は、塩の上にブレスレットを置いてもらえれば、大丈夫です。塩にいれてこすったり、まぶしたりするのはやめた方がいいでしょう。塩は浄化パワーが強く、三か月に一回、10分ほどおいてもらえれば問題ありません。

浄化方法 塩の上に置く
浄化時間 10分以上
タイミング 三か月に一回

塩の購入方法

特に塩を改めて購入する必要はありませんが、綺麗な岩塩などが人気がありますので、お勧めのものを紹介しておきます。

【浄化用ヒマラヤ岩塩】

部屋のオブジェとしてもマッチする綺麗な浄化用の岩塩です。浄化効果も高く、お勧めです。ぜひ試してみてください。

浄化用岩塩の購入はこちら

浄化用岩塩の購入はこちら

その他塩に関する豆知識

塩は、生命の源である、海からとることができます。また、日本最古の歴史書である「古事記」には、黄泉の国にいるイザナギノミコトに会いに行き絶望したイザナギノミコトが、海水で身を清めたと記されているなど、塩には特別な浄化作用があるといわれています。

また、最近は岩からとることができる岩塩がブームになるなど、塩はおしゃれとして注目されることもあるようです。パワーストーンのためだけでなく、お気に入りの塩グッズをもってみるのもいいかもしれませんね。

 

◆当サイト人気の無料診断コンテンツ◆

このブログと一緒によく読まれているブログ

コメントを残す


CAPTCHA