パワーストーンブレスレットの正しい浄化方法!日光浴の浄化!

パワーストーンの浄化方法は色々ありますが、本日は日光浴の浄化方法を紹介したいと思います。

パワーストーンは、使っているうちに邪気を吸い込んだり、効果が弱まることがあります。また、ブレスレットの特性に合わせた、正しい浄化を方法を選択することが大切です。

日光浴の浄化とは

nikkou
日光には、当たることでセロトニンが増加し、元気になったり、体内時計をリセットしたり、科学的にも人に必要不可欠な効能があることが証明されています。パワーストーンにとっても強い浄化効果があり、たまった邪気をはらし、プラスのエネルギーをチャージしてくれる効果を持っています。

日光浴のメリット、デメリット

日光浴のメリットは、道具を購入する必要がなく、気軽に行える点ですね。窓のそばの日光があたる場所においてもいいですし、ベランダや庭で、また旅先などでも気軽に行えます。他、日光が当たるのであれば、一度に複数のブレスレットの浄化が可能です。また日光浴は、パワーストーンだけでなく、自分の健康にもいい影響があります。

デメリットとしては、天候に左右される点です。曇っていたり、明確に晴れていないと浄化が十分にされない可能性があります。また、日光によって変色してしまうストーンもあります。長時間でなければ、まずそういった心配は少ないですが、その点は注意が必要です。

メリット

  • 道具を購入する必要がない
  • 一度に複数のブレスレットに対して行える。
  • 健康にもいい影響がある。

デメリット

  • 天候に左右される
  • 日光で変色してしまう

日光浴の浄化方法

nikkou2
日光浴の浄化方法は、日光に10分以上ブレスレットを当てることです。注意点としては、影にならないような場所で行い、また一度置いたら触らないようにすることです。

途中、少しぐらい曇ったりする分には問題ないですが、影に入ってしまわないように注意しましょう。
また、1時間などの長時間の日光浴は、ブレスレットが劣化する恐れがあります。長くても30分ほどにしておく、長時間になる場合は、布をかけて直射日光を防ぐなど、工夫をしましょう。

浄化の頻度としては、太陽は強い浄化作用がありますので、2週間に1度ほどで十分です。

浄化方法 日光に当てる
浄化時間 10分以上(長時間は避ける)
タイミング 2週間に1度

日光浴の購入方法

当たり前ですが、日光は購入するものではなく、誰にでも平等にあるものです。公園や自宅など、好きな場所で行いましょう。

お勧めの日光浴スポット

日光浴のお勧めスポットを紹介しておきます。

日光山 輪王寺(りんのうじ)

nikkoyku
輪王寺は、栃木県日光市にあるお寺です。東照宮、二荒山神社とあわせて「二社一寺」と称されるパワースポットで、日光山を山号として与えられ、日本を代表する観光地の一角でもあります。厄除け、縁結び、開運招福のご利益もあるので、パワースポットを浄化がてらに、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

根津神社

nedu
東京都文京区に位置する根津神社は、1900年前に日本神話の英雄・ヤマトタケル尊が創建したとされる由緒正しい神社で、東京十社の1つです。千本鳥居はかなりの迫力があります。ぜひ、鳥居の中で自身も日光浴をしながら、ブレスレットを浄化してみて下さい。

◆当サイト人気の無料診断コンテンツ◆

このブログと一緒によく読まれているブログ

コメントを残す


CAPTCHA