~不倫はありorなし?~ 恋愛コラムvol.14

~不倫はありorなし?~ 恋愛コラムvol.14 

今回は不倫のあり、なしにについて、スピリチュアルな視点からお話します。やはり不倫というと世の中では悪いイメージがありますよね。最近では、喜多嶋舞さんと大沢 樹生さんの息子さんが、実子ではなかったと大きく話題になりました。

実は隣のあの人も不倫をしてるかも・・・

占い師をしていて、まず驚いたのが

不倫相談の多さです。もちろん、他の人には言えないからという理由で多くの相談が寄せられているということもあるかと思うのですが、

世の中にはより多くの愛を求めている方がいるのですね!

~不倫はありorなし?~ 恋愛コラムvol.14 

不倫って何が悪い!?

では、不倫とはどういった点で不徳とされているのでしょうか?本質をいえば、それは”契約違反”だからじゃないかと私は思っています。日本では、夫婦は結婚という契約のもとになりたっており、そこにはパートナーに選んだ相手を愛し続けるという契約が成立しています。結婚式の誓いなどでも、”何自のパートナーだけを愛し続けますか?”という誓いの一文がありますね。それは霊的な面においても同じく、不倫は物事の倫理を見出し、魂に不徳を重ねる行為に値します。スピリチュアルなエネルギーの中で最も崇高な”愛”を裏切る行為とみなされ、あなたの魂は罪の重さを感じることになるでしょう。

正しい不倫のあり方とは・・

では、不倫という愛の果てには不幸しかないのでしょうか?答えはNOです。不倫とは倫理に反すること。ということは、そこに愛の矛盾がなければ、魂はそれを受け入れることが出来るのです。ではどうすればいいのか?その答えは、あなたが愛を受け入れられるかどうかに掛かっています。

結婚をしていても、パートナーがいても、誰かを好きになるということは、愛を持つものであれば、ありえること。現に、世界には一夫多妻制、一妻多夫を許している国もあります。結婚をしたら、そのパートナーを愛し続けなくてはいけない・・、それは常識や良心に縛られた結果でしかありません。人は誰もが、多くの愛を手にする権利を持っているのですね。

全ての愛を認めれば魂は許される

大事なことは、不倫という行為に罪を感じることではなく、愛の形の一つとして自らが認めてあげることです。愛を認めることで、あなたの魂はそれを受け入れてくれるでしょう。結婚をしてしまったら、一生一人の人しか愛せない。だから、不倫はいけないこと。そんな考えで不倫を続けるのではなく、あなたの愛に無限の可能性があることを肯定してあげるのです。

もちろん、あなたのパートナーがそれをどう受け止めるのか、そして自分の家庭について、真摯に向き合う責任はあります。ですが、その障害を乗り越え、なお相手を愛しているのなら、その気持ちを正直に認めてあげてくださいね。全ての答えは、あなたの心が知っていることを忘れずに・・・。

まだ結婚もしていない、愛を探しているヒロシのコンテンツはこちら!!↓

f:id:giogiozone:20151126003633g:plain

◆当サイト人気の無料診断コンテンツ◆

このブログと一緒によく読まれているブログ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA