王様とビッグイシュー ~王様とマリ③後編~

「なんじゃ、マリよ!これから忙しくなりそうじゃ。話は簡単にな!」王様は早く食べ物を集めたくてうずうずしているようです。
マリは言いました。「王様、なぜ、遠くの貧しい国に食べ物をあげるの?この国にも食べられない人はたくさんいると思うわ!まずはその人たちに分けてあげるべきじゃないかしら?」そう、マリはやっぱり、さっきのおじさんたちに食べ物をわけてあげるべきだと思ったのです。
しかし王様はいいました。「マリよ、これはただあげるというだけじゃないのじゃ!何せ、貧しい国に食べ物をあげるということは、それだけワシの国の偉大さを示す事にもなるのじゃからのう!」そう、王様にとっては、自分の国を周りの国に認めてもらうことも大切なのでした。そのためには、自分の国の貧しい人ではなく、遠くの貧しい国の人に与えてあげることが大事なのです。セバスチャンもいいました。「ここに居るものたちは、真面目に働いている人ばかりじゃないですぞ!自ら貧しくなった人たちもいるのです。働くより、自由を選んだ人たちが居るのですよ」セバスチャンはそういったが、マリにはとてもそうは思えません。もう一度、マリが王様を説得しようとした時、貧しい小屋の人たちがたくさんでてきました。
皆身につけているものはボロばかり、つぎはぎだらけ。おじさんばかりではなく、おばさんも。小さな子供もまじっていました。
さっきのおじさんが言いました。「王様、私達だって困っているのですよ。私、ビッグイシューを覚えてないですか?私はすっかり仕事がなくなったのですよ。あなたに教えてから、私はどうにもできなかったのです」そう、マリがあったおじさんには、王様は見覚えがありました。かって、王様の家庭教師をしていたビッグイシューではありませんか?
「先生、このような所お会いするとは・・。でも一体どうして、あなたみたいに賢い人にも仕事がないのでしょうか?私に教えてくれませんか?」王様は、かつての先生の酷い姿にびっくりしてしまったようです。ビッグイシューは答えます。「王様の家庭教師をしていたことで、みんなから避けられるのですよ。私は、先生しかできないのに。みんな恐れているのです。私を先生にすれば、王様に何かを吹き込まれはしないかと、おそれているのです。そうして、まったく仕事がなくなってしまったのですよ。」ビッグイシューはすっかり肩を落とした。
「そして、この小屋に住んでいる人達はみんな、働きたいのですが色々と難しい事情があるのです。体が悪かったり、心が暗かったり、小さな子供がいるものもいるのです。でも、王様が貧しい国にパンをあげるというのなら、それはとてもいいことですよ。」ビッグイシューはそういいきりました。
王様はいいました。「ああ先生、私がとても間違っていました。遠くの貧しい国にことより、私はまだまだやることがあったのです。私は自分の国を豊かだと思っていたけど、そんなことはありませんでした。私の国を偉大に見せようとするよりも、先生がパンを手にする事の方が大事なのです。」マリは思いました。私達は、自分のことしか見えていなかったのね。こんなに貧しい人がいることに、すっかり目をつぶっていたんだわ!「王様、それがいいわ!私は毎日退屈だし、私が食料を届けるわ。私のほうきなら、簡単に荷物を届けられるもの。」セバスチャンもこの提案に賛成しました。「貧しい国のことは、他の豊かな国に任せましょう。私達にはまだまだやらなくてはいけないことがあったようですな。」ビッグイシューはとても感激していいました。「王様、あなたに会えてよかったです。あなたは昔から心が優しい子でした。私も、この国がもっとよくなるように、協力させてください。」
こうして、王様はビッグイシューを再びお城で雇い、また小屋の人たちには毎日パンを届けさせるようにしました。もちろん、これで全ての人が救われたわけではありませんが。しかし、まず近くに居る人に手を差し伸べれば、その輪が広がっていくでしょう。世界の全ての人が手をつないだら、私達はもっとたくさんの笑顔に出会えるでしょう。
今、日本では、多額の援助が政府から行われていますね。確かに、外国を助けようとすることも大切ですが、日本にも明日食べるものがない人、住む場所がない人がいることも忘れてはいけません。今、生活保護なども大きな問題になっているなかで、果たして海外の援助をしていいものなのか。確かにそれも大事なことかもしれませんが、日本の人達からみたら、見捨てられたというような気持ちを味わうかもしれません。 
マザーテレサはいってしますね。『大切なことは、遠くにある人や、大きなことではなく、目の前にある人に対して、愛を持って接することです』偉い役人達には、駅のホームにたたずむホームレスは、人間でないように写っているのでしょうか?私には、どうも日本の資金援助というものに、政治的な意図を感じざる終えません。役人達は、自分達が立派に見られたいがために、日本の貧しい人たちを見捨てているのではないでしょうか?日本にも助けなくてはいけない人がいるということを、忘れずにいて欲しいものです。

王様とビッグイシュー ~王様とマリ③前編~

王様の住んでいる世界には、王様の住んでいる国以外にも、色々な国がある。お金持ちの国もあれば、貧乏な国もある。
今日は、色々な国の王様が集まって、我らが王様のお城で話し合いをしています。
貧しい国の王様はいいました。「私の国には、たくさんの人たちが明日食べるご飯もなく暮らしているのです。私の国の人たちを助けてくれませんか?」可愛そうに、貧しい国の人々は、王様が何不自由なく暮らしている中、今もお腹をすかせています。豊かな国の王様はいいました。「私達は、助けあわなくてはいけない!貧しい国にみんなで食べ物をあげようじゃないか!」集まった王様達はみな大賛成しました。もちろん、王様も大賛成です。「それではさっそく、皆自分の国に帰って食べ物を集めよう!」
こうして、それぞれの国の王様は自分の国に帰っていきました。
王様は、さっそく執事のセバスチャンに訪ねます。「貧しい国に、一杯食べ物をあげたいのじゃ!セバスチャン、食べ物を集めてくれ!」セバスチャンは王様の考えにとても感心しました!「王様、とても立派になられましたね。私も嬉しゅうございます。では、早速、食べ物を作っている村まで参りましょう!」王様とセバスチャンが話していると、マリがひょっこりと現われました。
「王様、これから出かけるのね!私とても退屈してたのよ。ほうきにのせてあげるから、一緒に連れてって!」マリはとにかく楽しい事が大好き、王様がどこに出かけるのかと、興味津々です。しかし、王様はなかなか首を縦にふりません。「駄目じゃよ、これは王様同士の大事な仕事なんじゃから!」すかさず、セバスチャンが助け舟を出します。「王様、食べ物を集めるのに人では多いほど良いですよ!ぜひマリも連れて行きましょう。」こうして、マリと王様、セバスチャンの一行は食べ物がある村まで出かけていきました。
でも、王様とセバスチャンは、マリのほうきにのることは遠慮したみたいです。マリのほうきの運転は、ちょっとあらいですからね。こうして、王様とセバスチャンは馬に乗り、マリはほうきで出発です。
地面をけって、マリは空に舞い上がります。二つの山を越え、1つの湖を越えると、河のすぐ近くに村が見えてきましたよ!といっても、マリはほうきなので大分早く村に着いたようですね。「王様ったら、遅いのね!暇だから少し周りをみてみましょう。」
マリは、村の近くを流れている河を歩いていました。すると、なんともみすぼらしい、小さな小屋が集まっている場所にでました。
王様のお城よりとても小さく、どの家も壁はボロボロの板、扉は今にも外れそうで、窓には穴が開いていたり、今にも崩れてしまいそうな小屋ばかり。「ここは物置なのかしら?・・」マリが小屋を覗くと、中にはちゃんと人が住んでいました。ただ、何日もお風呂にはいっていないのか、顔はまっくろ。ほころびばかりの服を身につけたおじさんが、何もない部屋の中にぽつんとたたずんでいたのです。おじさんはマリをみるといいました。「あなたみたいに若い女の子が何しにきたんだい?見ての通り、ここには何もないんだよ。」マリは突然話しかけられて、びっくりしてしまいました。「私、王様と食べ物を探しにきたの。でも、ここには確かになさそうね。けどおじさんはどうして暮らしているの?」おじさんは質問には答えずいいました。「王様が食べ物を探しに来たって!私達だって探してるのに、王様にも食べ物がないのかい?」「違うわ、王様は貧しい国に食べ物をわけてあげるのよ。」マリは答えました。
おじさんは、いいました。「そりゃいいことだとも。もちろん、あの人ならそうするさ!私達も食べ物はないけど、着る物はあるからね。うんと貧しい国に食べ物をあげるといい。」そういうと、おじさんは悲しそうな顔をして、いまにも壊れそうな扉を締めてしまいました。
マリはなんだか難しい気持ちです。確かに、貧しい国があるのも確かだけと、このおじさんたちも食べ物がないと思うと、自分のしようとしていることが正しいのか、すっかりわからなくなってしまったのです。そうこうしているうちに、王様の馬車がやってきました。「マリ、待たせたね!さぁ、食べ物をさがしにいこうぞ!」マリは王様の後を着いていきましたが、やはり王様に話をしてみることにしたのです。「ねぇ、聞いて王様。私考えた事があるの」

苦手な人との付き合い方② ~コミュニケーションツールvol.7~

自分の気持ちを整理しよう!

さて、今日はこのブログでもかなり検索ワードとして上位にあがる、苦手な人との付き合い方の第2段です。やはり、仕事などの固定化された環境ですと、どうしても苦手な人との人間関係が避けがたい場合がありますね。前回は、共通の敵を作る事をお伝えしましたが、今回は、相手への対処法を紹介しましょう。 まず、苦手な人と対峙したとき、自分の否定的な感情をよく観察してください。例えば、相手に対して、気まずい、圧迫感がある、話が噛み合わない、悪意をもたれているなど、苦手な方と対峙した時、必ずあなたの中には否定的な感情が浮かんでいるはずです。ここで、大抵の人はこの状況を何とかしようと考えます。

苦手の原因は、”わからない”こと!?

そうすると、ますますあなたの心に否定的な感情が広がってしまうのです。それを食い止めるために、まず自分に起こっている否定的な感情を受け止めることです。例えば、会社の上司の機嫌が悪く、気まずい空気の時は、それをどうにかしようとするのではなく、気まずいという言葉をひたすら繰り返します。 この空間は気まずいんだ、もう胸が苦しくて息がつまりそうになっている。そんな自分の気持ちをみつめる事で、不安がそれ以上広がる事はなくなります。不安というのは、多くの場合どうしていいかわからない場合に起こります。

苦手な人との付き合い方 コミュニケーションツール

いざ苦手な人と対峙した時、むりに話を盛り上げようとしたり、苦手意識をうちけそうとしても、なかなか変わらないもの。その場ですぐに解決する方法はないに等しいにも関わらず、答えをさがしてしまうために、さらに焦ってしますのです。そうではなく、問題が起こっているという事実を受け入れる事で、苦手な意識から派生する答えがわからないという不安が広がることを防ぐ事が出来るのです。

わからないは、ほっておくのが吉!

わからないことを、わかろうとすることで、自分の意識は余計に混乱します。そんな時は、それを一つのわからない、という感情として受け止めてみましょう。時には、無理に問題を解決するのではなく、傍観するということも1つの手段です。そうすることで、答えをさがさなくてはという不安が軽減し、気持ちもずっと楽になるはずです。もし、今苦手は人が周りにいるなら、是非試してみて下さいね。きっと気持ちが楽になります。では、失礼しますね!

こんな時どうすればいい?そう思ったら鑑定依頼を↓からどうぞ!!

パワーストーンオーダーメイドブレスレットの注文はこちら

叱り上手になろう ~コミニケーションツールvol.6~

怒るのではなく、叱ること!

今日は、人の上手な叱り方について、お伝えしますね。生活をしていると、どうしても人を叱らなくはいけない場面などもでてきますね。しかし、相手に気を遣ってしまったりと、叱ることを苦手とする人は多いもの。どうしたら、相手をうまく叱る事ができるのか、みていきましょう。

上手な叱り方 コミュニケーション

その前に、確認したいのですが、ここで扱う事は、感情のままに怒るということではなく、あくまでも 続きを読む