フローライトの効果,意味,組み合わせを一挙紹介!

柔らかな光、優しく。フローライトの効果とは?

さて、今日はフローライトの紹介です。どことなくはかなくて、でも優しい光を放つフローライトは、あなたの心を極上の癒しの中に導いてくれます。それでは、摩訶不思議が詰まったパワーストーンフローライトの効果をみていきましょう!

powerstone-koukaziten19

①フローライトのもつ意味、効果

フローライトは、特にその人の精神に強く作用するといわれています。疲れた心を癒し、また希望へと導く力をもっています。また、感性を高め、乱された心を整えてくれる力があります。中国では実際に風邪薬の一部としても使われており、パワーストーンという枠にとどまらない、癒しのプロフェッショナルだといえるでしょう。心が疲れてしまった時、もうひと頑張りしたい時など、気持ちを切り替えたい時には、ぜひフローライトを身につけて奮起して下さい!

フローライトの一言効果:癒し、調和、希望、転機

フローライトで運気アップ!運気メーターをチェック!

powerstone-koukaziten19-a

総合運 :★★★☆☆ 

仕事運 :★★★★☆

金運  :★★☆☆☆

健康運 :★★★★☆

対人運  :★★★★☆

恋愛運 :★★☆☆☆

フローライトは、仕事健康対人運に優れています。仕事でのねばり、そして癒し効果によって疲れない心、また調和をうみだすパワーによって、周りの方との関係を円滑に進めていく力がアップします。パワーストーン自体に強く主張する力はないものの、自らが前にでていく環境を整えるのにとても役立つストーンです。環境を整えたいという時や、生活のバランスをとりたい時には、ぜひフローライトの力を借りてみて下さいね!

②フローライトの科学的特徴について

フローライトは、ハロゲン化鉱物の一種であり、紫外線を当てることで発光する個体もあることから、和名では「蛍石」と呼ばれています。また、含まれる不純物によって多彩な色の変化をみせる石でもあり、黄、緑、青、紫など多くのバリエーションがあるのも特徴です。それぞれ、色の頭をとって、グリーンフローライト、ブルーフローライトと分けられることもあり、また二色以上の色を伴ったものは、レインボーフローライトと呼ばれたりします。

日常生活の中では、フローライトは多くの光学機器に使われており、様々な光が透過するという性質から、特にカメラのレンズなどに多く用いられています。石としては、モース硬度は4と非常に脆く、割れやすい石です。またお手入れと浄化ですが、水に弱く、長時間直射日光に当てると変色する可能性があるので、注意が必要です。

鉱物名 蛍石
化学式 CaF2
モース硬度
比重 3.2
光沢 ガラス光沢
浄化・お手入れ クラスター ◎ 流水 × 太陽 △ 月 ◎ 塩 ×

③フローライトの産地

フローライトの産地は、中国、メキシコ、イギリス、カナダなどです。特に中国とイギリスでは、蛍光する個体が見つけることがあります。

④フローライトの相性・組み合わせ!ヒロシのワンポイントアドバイス

フローライトは、とても強い癒しの効果と調和の力が強い石ですが、サードオニキスと組み合わせることで、周りに強くその効果を発揮することが出来るでしょう。また、健康面での効果が高い翡翠と組み合わせると、心身ともに良い状態を生み出してくれることに役立ちます。反対に、コスモオーラとの組み合わせでは、お互いの効果が重なって、効果がぼやけてしまう可能性がありますので、避けた方が無難です。

相性が良い石

相性が悪い石

◆当サイト人気の無料診断コンテンツ◆

このブログと一緒によく読まれているブログ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA