翡翠(ジェダイト)の効果,意味,組み合わせを一挙紹介!

糸魚川の至宝、翡翠(ジェダイト)の効果とは??

翡翠は、古くより宝石として重宝されてきたパワーストーンです。日本では、縄文時代に勾玉や首飾りにも使われてきました。また5月の誕生石でもあります。それでは、翡翠の効果を見ていきましょう!

powerstone-koukaziten26

①翡翠(ジェダイト)の効果, 意味

翡翠は、古来より貴族などに重宝されており、瑠璃とならび神聖な石と用いられて来ました。邪を払ってくれる魔除けのストーンとして勾玉に利用されたり、豊作を願い、豊かさを象徴する石としても使われていました。また誘惑を撥ね退け、人を正しい方向に導いてくれる力を持ち、その人の人徳を高めることに役立つと言われています。健康面でも、心の落ち着きを取り戻し、心に平穏を取り戻すことを助けてくれます。古くより、長寿の石としても有名であり、心身の健康が保たれることで、若々しさを維持することにも役立ちます。

翡翠(ジェダイト)の一言効果:健康、破邪、長寿

翡翠(ジェダイト)で運気アップ!運気メーターをチェック!

powerstone-koukaziten26-a

総合運:★★★★☆

仕事運:★★★☆☆

金運:★★★★☆

健康運:★★★★★

対人運:★★★☆☆

恋愛運:★★★☆☆

豊穣と魔除けの象徴とされてきた翡翠は、特に金運、健康運を高めてくれます。緑が豊かに実るように、その人を潤してくれます。健康面でも、病気や災いを避けてくれる、長寿の石としても有名ですね。また、ストーンとしてとてもバランスがいい石であり、仕事や恋愛など、様々な面で安定をもたらしてくれます。しっかりと自分の状況が固まっているという時に、この翡翠を身に付ければ、あなたの平穏な生活を守ってくれるのに役立つでしょう。

②翡翠(ジェダイト)の科学的特徴, お手入れ、浄化方法を一挙紹介

翡翠の名前の由来はその色彩の美しさが、「カワセミの羽」に似ていることから来ています。(カワセミを漢字で書くと、翡翠)また、翡翠は従来二つの石の総称となっていました。いわゆる「硬玉」(ジェダイト)、「軟玉」(ネフライト)の2種類の石が翡翠としてとして混同されていたのですが、この分類がされたのは最近のことになります。遡ること4000年前、中国ではいわゆる「軟玉」の翡翠が用いられて来ました。この翡翠は、私達が今良く知る緑ではなく白色の翡翠でしたが、その後中国の清王朝がチベットを支配下に収めると、チベット産の緑の翡翠、我々がよく知る翡翠が流行り始めました。

一方、ヨーロッパでも始めに翡翠として流行したのは、白色の翡翠であるネフライトでした。ちなみに、このネフライトという名前の由来は、この石が腎臓(ラテン語のnephrus)の治療に用いられたことから来ています。その後1600年代、スペインに中米の翡翠が持ち込まれました。この翡翠が、いわゆる「硬玉」のジェダイトであり、その後1863年、フランス人の学者アレクシモ・ダモーが中国の翡翠を分析したところ、従来ヨーロッパで使われていたネフライトは「角閃石」という全く別の鉱物であることが発見され、ジェダイトとネフライトという分類がなされるようになったのです。

さてさて、長くなってしまいましたが翡翠の科学的特徴について話していきましょう。翡翠の鉱物学名は翡翠輝石、輝石というグループの一種であり、独特な緑色は鉄やクロムの含有が関係しています。また緑色のイメージが強い翡翠ですが、緑以外にも、鉄などの含有物が少ないものは白、チタンが含まれることで紫に変化します。翡翠は非常に硬度が高く丈夫な石ですので、お手入れ、浄化方法でも大丈夫ですが、カワセミと縁が深い翡翠は、流水を使うとより高い効果が得られます。

鉱物名 翡翠輝石
化学式 NaAlSi2O6
モース硬度
比重 3.3
光沢 ガラス光沢
浄化・お手入れ クラスター ◎ 流水 ◎ 太陽 ◎ 月 ◎ 塩 ◎

③翡翠(ジェダイト)の産地

ミャンマーやグアテラマ、メキシコなどが主な産地です。また日本でも一時は産出がなくなっていたものの、昭和の初期に新潟の糸魚川で再び鉱床が発見されました。一説には、日本が最古の産地だという説もあります。

④相性・組み合わせ!ヒロシのワンポイントアドバイス

翡翠と相性が良い石は、同じく魔除けの石、瑠璃として重宝されて来たラピスラズリです。ラピスラズリと組み合わせることで、より大きな範囲で役立つ大胆なアイデアを考えたり、またこの二つの石を付けて瞑想することで、霊的な力を高めるヒーリング効果が得られます。また、太陽を象徴するシトリンとの相性も抜群です。この二つの石を組み合わせることで、翡翠の魔除けの力を最大限に高めてくれます。反対に相性が悪いストーンは、スギライトです。スギライトの霊的な力と組み合わさることで、時に考えが飛躍しすぎてしまうなど、効果が反作用してしまうので注意しましょう!

相性がいい石

相性が悪い石

◆当サイト人気の無料診断コンテンツ◆

このブログと一緒によく読まれているブログ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA