サンストーンの効果,意味,組み合わせを一挙紹介!

名前どおり、サンストーンは太陽を象徴としたパワーストーンです。明るいオレンジは、まさしく降り注ぐ日光を連想させますね。それでは、サンストーンの効果をみていきましょう。

太陽の光が燦燦と、サンストーンの効果とは?

①サンストーンの効果, 意味

サンストーンがもつ一番の効果は、自信の回復やコンプレックスの解消です。太陽の石と呼ばれるとおり、人々に強いエネルギーを与えてくれるサンストーンですが、それはあくまでも内面的なエネルギーであり、サンストーンを身に付けたからといってすぐに行動的になったりというわけではありません。むしろ、弱い自分と向き合っていく力を与えてくれるストーンだと考えた方がいいでしょう。また、勝利をもたらすストーンとしてもしられており、内面を強化するサンストーンは、スポーツの個人競技など、自分との闘いにの場でその力を発揮してくれます。

サンストーンはこんな人にお勧め→自信を回復したい人、自分と向き合いたい人
自信を取り戻したい人に!サンストーンのお勧めグッズはこちら!

powerstone-koukaziten42総合運 :★★★★☆ 

仕事運 :★★★★☆

金運  :★★☆☆☆

健康運 :★★★☆☆

対人運  :★★☆☆☆

恋愛運 :★★★☆☆

サンストーンは、特に恋愛運、そして仕事面の運気が強いストーンです。自己の内面と向き合う力が高まることで、恋愛することへの自信だったり、自分自身の気持ちに気がつくことができるでしょう。過去に何かあって、恋愛から遠ざかってしまっているという時は、もう一度恋愛に気持ちを向けることを助けてくれますよ。

また仕事運についても、サンストーンを身に付けることで自分の良い所を伸ばしていく力が高まり、成果を発揮することにとても役立ちます。反対に、対人面では自分と向き合っていくことで内向的な面が強くでてしまう場合があります。社交性が必要とされる場所にいくときは、うまく他の石と組み合わせてみるといいでしょう。

②科学的特徴, お手入れ、浄化方法を一挙紹介

サンストーンの鉱物学名は日長石。また、へリオライトという別名もあり、ギリシャ語で「太陽の石」という意味を表します。実はこのサンストーンが属する長石グループにはムーンストーン(月長石)も属しており、二つの石は鉱物学的には仲間になりますね。ですがサンストーンは、不純物が含有されることによって、ムーンストーンとは全く別のストーンとして分類されているのですね。

この独特の赤は、赤鉄鉱や銅によるもので、キラキラとしたこの光り方は、”アベンチュレッセンス”という光学上の効果になります。また近年では、長石に属していなくても、サンストーンと同じように、キラキラとした不純物を持つ石がサンストーンと名づけられていることもあるようです。色合いは、不純物によってピンクやグリーンといった色を見せることもあり、これらのストーンはとても高値で取引されています。お手入れ、浄化方法についてですが、丈夫なストーンですのでどういった方法でも構いません。せっかくなら日光での浄化がいいかもしれませんね。

鉱物名 日長石
化学式 NaAlSi3O8 80 + CaAi2Si2O8 20
モース硬度 6~6.5
比重 2.63~2.67
光沢 ガラス光沢
浄化・お手入れ クラスター ◎ 流水 ◎ 太陽 ◎ 月 ◎ 塩 ◎

③サンストーンの産地

主要な産地は、インドやチベット、アメリカやタンザニアなど。また、オレゴン産の産ストーンは、細かい結晶がより自然は発色をするオレゴンサンストーンとして有名です。

④サンストーンの相性・組み合わせ!ヒロシのワンポイントアドバイス

サンストーンと相性が良い組み合わせですが、ソーダライトがおススメです。ソーダライトを身に付けることで、自分の自信をより現実的な目標と結びつける力が生まれます。また、トパーズとの相性もよく、この二つを組み合わせることで自然体な自分を引き出し、より周りの人に対して強い関心が向けられるになる効果に期待できます。反対に、ペリドットとの組み合わせには注意が必要です。高められたパワーが、他人には畏怖の対象となってしまう場合がありますので、避けた方がいいでしょう。

相性がいいストーン

相性が悪いストーン

◆当サイト人気の無料診断コンテンツ◆

このブログと一緒によく読まれているブログ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA