0年 0月 の投稿一覧

因果応報の意味を知れ! 幸せのレシピ8

仏陀も考えた。因果応報の真実とは!?

何か問題が起こった時、人は必ずその原因を究明しますね。原因があるからこそ、結果はある。言葉にすれば至極当たり前のことですが、この当たり前を知っていても、うまく回らないのが世の中です。言葉にするのは簡単でも、この原因と結果の法則をうまく利用することは大変です。そもそも、はっきりと原因があればいいものの、結果についての原因の全てが解明できるわけではないからです。

siawaseresipi8
原因と結果、いわゆる因果応報というものを考えた時、仏教の中に面白い教えがあります。仏教では、因果応報が縁起という言葉で表されています。仏陀がいうには、世の中に起こる一切のことには、原因があり、そしてその全てが関りあっているというのですね。ここで大事なことは、原因が関わりあっている、ということです。

カースト制度からみる、因果応報

インドのカースト制度は、生まれながらにして階級が決められてしまい、その階級に縛られて生きていかなくてはいけないという制度です。しかし、因果応報という言葉を考えた時、生まれながらにして選択肢がないというのは非常に不自然ですね。 続きを読む

貞子の始球式 ~日記~

先日、なんとあの貞子が始球式を担当してましたね。貞子といえば、映画やドラマで話題になったリングで有名です。
貞子は、透視能力を持つとされた女性、山村志津子の娘で、山村志津子は過去に伊豆大島の噴火を千里眼により的中させたことが新聞に紹介されますが、その能力をいかさまだといわれ、三原山に身投げをします。
実は、この山村志津子のモデルとなった女性がいるのをご存知でしょうか?世の中に透視という名前を知らしめた、御船 千鶴子という女性です。彼女は結婚後、夫の財布からなくなったお金が、姑の引き出しにあることを言当て、姑は自殺未遂をし、それが原因で離婚。実家に戻った後、様々な透視能力を発揮し、心理学者によって透視能力が実験されることになり、マスコミで話題になりました。しかし、その後やはり千鶴子の透視能力は嘘ではないかとされ、わずか24歳の若さで服毒自殺をします。
千鶴子が行った実験は、例えば封をした紙の中に書かれた文字を当てるというものでしたが、しかし千鶴子は背中を向けて、封筒をまったく見せずに、一通を見るのに十分ほどの時間が掛かっています。普通に考えて、封筒をあけて中身を見たと考えるのが自然であり、実際にはんだ付けをされたものように、開けることが不可能なものについては、実験は失敗しています。
おそらく、千鶴子は透視能力は持っていなかったのでしょう。心理学者によって行われた実験も、極めて不確実な実験であったことが証明されています。きっと千鶴子は、幾つかの偶然が重なるうちに話があまりに大きくなりすぎ、後戻りできなくなってしまったのだと思います。
それでも、マスコミは彼女を肯定的にまくし立てました。千鶴子は数億円の遺産を残したといわれておりますから、マスコミが得た利益というのは莫大なものだったのでしょう。マスコミに貞子の怨念が宿らない事を祈ります(笑)では、また!

福山市で保険、自賠責、交通事故治療) 

むち打ち等で、首の痛み、頭痛、吐き気、ふらふら、で悩んでいる人は身近に結構います。

むち打ちは事故によるものと、日常で倒れた、人がぶつかってきたなどがあります。日常で転倒した、人がぶつかった等の場合の症状は2週間もあれば大体軽減します。
しかし、車の事故による衝撃は、日常の場合とは全然違います!!

早めの治療をお勧めします!
また特に注意してほしいことは事故後は「過度の精神的ストレスを抱えている」と思ってください。

事故した後時間がとられます、保険会社との交渉、被害者(加害者)とのやり取り、車の修理、警察の事情聴取、病院へ行くこれだけのことが一気にのしかかり
ストレスの緩和も治療で大切なことです

広島県福山市接骨院をしていて
当院は患者様からももちろん、保険会社様、保険代理店様からの紹介者も多く来られます。地域の信頼を得れるよう日々頑張ってます

交通事故後の治療、保険治療取扱い、鍼灸治療 
はこだ鍼灸整骨院

http://ameblo.jp/h311112/

自分の才能を探し出せ!what your gift ? 幸せのレシピ7

自分の才能はどこいった??

一流のアスリートや芸術家のように、自分にも何か天性の才能がないのか?とそう感じたことはないでしょうか?もしも自分にそんな才能があるなら、誰か教えて欲しい!!誰もが一度はそう思ったことがあるはずです。もしも自分の才能がわかれば、それを伸ばしていけばいいんだ、そんな人生の指標にもなりますよね。今日はそんな才能についてのお話です。

 

才能は、神様のプレゼント。ギフテッドである。
siawaseresipi7

そもそもの話、才能とはどういった能力をいうのかを、まず始めに考えてみましょう。才能がある、ないということで考えれば、それは生まれつき備わった能力だということが出来るでしょう。例えば、運動会の50M走、練習してなくても速い人は速い。絵や音楽も、生まれつき、上手い人は練習せずともある程度の上手さを持っています。 天から与えられた能力、これこそが才能であり、英語では、神様からの授かり物として、ギフテッドとも言われております。努力などではなくて、生まれながらにしてもっている能力であり、才能がある人とない人では、同じスタートラインに立っても、雲泥の差がでます。

外見というのも、生まれつきのものですから、ある意味では、ギフテッドといえるでしょう。もっと可愛ければ、私も周りからちやほやされたかも?一度で良いからモテモテになってみたい!そんな気持ちを密かに感じた事はないですか?私はあります(笑)。なんであれ、何かしらの才能を持っている人は、本当に羨ましいものですよね!

才能があることは、幸せか?

しかし、才能とは必ずしも人を幸せにするばかりではなく、時にはその才能ゆえに苦悩する事もあります。 例えば、ひまわりの絵で有名なゴッホは、その天才的なセンスの反動からか、大変気性が激しい人物として知られていました。 続きを読む

~ソウルメイト魂の共鳴~ スピリチュアルメッセージ⑨

 ソウルメイトは恋人?家族?親友!

ソウルメイトという言葉は、最近よく聞かれるようになりましたが、本人にとってどんな存在がソウルメイトなのでしょうか?そもそも、ソウルメイトは生まれる前から決まっているのか、それとも、後から現れるものなのか。幾つか考え方はあるかもしれませんが、 続きを読む

ボディランゲージで恋を攻略せよ! ~恋愛コラムvol.7~

ボディランゲージで恋を攻略せよ! ~恋愛コラムvol.7~

今日は言葉に表れない、見えないサインで恋を掴む方法を教えます。それが、”ボディランゲージ”です。直訳すると、体言葉、その訳どおり、体に現れたサインを読み取ることで、ぐっと二人の距離が近づきますよ! 気持ちを隠していても、人間の身体は、様々なサインを送っています。

ボディランゲージで恋を攻略せよ! ~恋愛コラムvol.7~

例えば、緊張している時は、腕組みや、足を組んだりと、心ばかりか身体を隠そうとするサインが現れますね。 さて、ここで大事なのは、好意を示すサインを読み取る事です。例えば、あなたが好意をもっている相手を話しているとき、どうなっているかわかりますか? 例えばイスに座っていれば、大体が自分にとって好ましい相手に対しては身を乗り出すようにしていることが多いです。

また、緊張のために瞬きも多くなりますね。それに、盛んにアイコンタクトがあったり、手のひらがあなたに向いていたり・・・。逆にいえば、これらの好意を表すボディランゲージが現れるようにデートを進める事が、恋愛を成功させることにも繋がるのです。 例えば、喫茶店などに机を挟んで座ったら、できるだけ自分の目の前で写真などを見せれば、自然と相手は身を乗り出すことになるでしょうし、手のひらの大きさを比べてみたりというのもいいでしょう。

このように、好意を表すボディランゲージを相手にわざと表出させる事で、あなたへの好意が相手の中で大きくなっていきます。 会話などでも、相手がずっと足を組んだりという時は退屈している証拠です。話題を変えて、相手が身体を開き、リラックスしているようなアクションを見せたら、その話題で粘りましょう! 言葉だけでなく、身体を使ったコミニケーションをすることで、恋愛もうまく行くようになりますよ!では、今日はこれで!

スピリチュアルな面からも恋をサポート!ヒロシのコンテンツは↓から!

パワーストーンブレスレットのオーダーメイドはこちらから!

欲望を刺激しろ! ~引き寄せの法則 お金vol.5~

相手が欲しいものを知れ!

さて、今日も金運について書いて行きたいと思いますが、成功している人に共通するものは何だと思いますか? 卓越した頭脳、人脈、人間性などももちろんですが、ビジネスチャンスを掴み、富を手にしている人たちに共通して言えること、それは、人の欲望を知る才能です。成功している人は皆、今人が何を欲しがっているのか、それを捕らえる才能が非常に優れているのです。

欲望を刺激しろ! ~引き寄せの法則 お金vol.5~

市場の取引というものを貨幣を抜きにして考えると、それは欲望のやり取りに過ぎません。 例えば、あなたは飲み物を持っているとして、食べ物が食べたくなったら、貨幣というものがまったくないとすると、あなたが飲み物を手にする方法は、 続きを読む

ヘミシンク ~前世への旅!?~ 今日の占い講座⑪

魂の音!? ヘミシンクの正体とは!?

こんにちは!ヒロシです!最近話題のへミシンク、知ってますか?簡単にいうと、ヘミシンクとはオーディオ・サウンド技術、ある特殊な効果をもたらす音のことです。

c8ac2c3c1ebb8a4c4b4ec7a73365fef8_s

 

ヘミシンクを開発したのは、アメリカの超心理学者、ロバート・モンロー博士。そしてこのモンロー博士の研究所で、50年を超える研究を経て開発された技術が、ヘミシンクというわけです。では、一体ヘミシンクは 続きを読む

王様とプロメテウス ~王様とマリ② 後編~

紅茶の水博士は、”プロメテウス”のボタンをカタカタと叩き始めます。するとどうでしょう、そこかしこがガチャガチャと動き始め、パイプからは水蒸気が立ち込めます。
鉄塔の中に轟々と音が響き、もくもくと水蒸気が沸いてきます。「わー、凄いわ!ね?王様?」王様は内心恐くなったものの、マリに悟られてはまずいと、平気な顔でうなずきます。
そこえ、一人の男がやってきました。「やめるんだ、紅茶の水博士!この実験は中止しろー!!」手に斧を持った男が、実験の音に負けない声で叫びます。「こんなに素晴らしい実験をとめるあなたは、いったい誰なんですか?」セバスちゃんが聞くと、博士が代わりに答えます。
「その男はきこりのキッコリーです。何せこの実験が成功したら、たき火の木が売れなくなるからと、邪魔をしにくるんですよ。」ああ、消えない火ができたら、きっと皆がたき火をしなくなり、きこりは仕事がなくなってしまうでしょう。
キッコリーも負けじと返します。「それだけではありません。王様、消えない火は、消せない火ですよ!燃え広がったらどうするんです!王様の大切なこの国が燃えつくされてしまいますよ!」
しかし、王様は消えない火の素晴らしさに、そんなことには気が回りません。「キッコリーよ、この素晴らしい実験を邪魔するでない!」王様に止められては、キッコリーもどうしようもありません。そうしている間にも、”プロメテウス”がちゃがちゃといろいろな歯車を回し、消えない火の実験は進んでいます。普段はうるさいマリーも、静かに実験を見守ります。
「あともう少しで、消えない火が完成しますよ!」紅茶の水博士が、重そうなレバーをがちゃりと降ろしました。
プォーーーン!!
”プロメテウス”から大きな音が響き渡ります。「できました!実験は成功です。消えない火が完成しましたよ!」
「なんと素晴らしい!!さっそく火をみせてくれ!」王様は待ちきれないようすです。
博士が、”プロメテウス”の大きな釜を開けると、鉄で出来た薪に、確かに消えない火がついているではないですか!
「凄いわね!消えない火は、鉄も燃やしてしまうのね!」王様も驚いています。「これは素晴らしい。ちょっと私に持たせてくれるか。」王様が薪をうけとると、マリも手を伸ばしました。
「王様はずるいわ!私にも見せて」「待て待て、待つのじゃ!まずはわしにじっくり見せるのじゃ!」「王様だからってずるいわよ!私にも見せて!」王様は、少女のマリと張り合って、本当に子供みたいですね。博士もセバスちゃんも呆れ顔です。
「まぁまぁ、王様、消えない火なのですから、焦る必要はありません。マリちゃんに見せてあげてはどうですか?」博士が大人の意見を伝えましたが、王様は聞きません。
マリが手を伸ばすと・・・、王様は慌てて薪を放り投げてしまいました。「あっ、大変!!」マリがあわてて叫びましたが、消えない火は窓から森へ出てしまいました。
「何ということです、火が燃えうつっててしまうかもしれません。すぐに消しに行かなくてはなりませぬ!」セバスちゃんは大急ぎで外に向かいました。王様とマリ、博士も慌てて追いかけます。表にでると、一本の木に火が燃え移っていました。
「大変じゃ、セバスちゃん、を持ってくるのじゃ!」自分が投げたのも忘れて、夢中で火消しに走る王様、セバスちゃんも急いで水を探しにいきます。しかし、博士は動きません。「どうしたの?博士」「王様、これは消えない火なのです。それは水でも消えない火なのです。私、消し方を考える事をすっかりわすれておりました。」
これには王様もびっくりです。「何じゃと、それは本当か?セバスちゃん、とにかく火に燃え移った火をけすのじゃ!」木に燃え移った火はどんどん大きくなっていきます。「王様、私にお任せ下さい」セバスちゃんがホースを引っ張って水をどんどんかけます。
けどやっぱり消えない火、いくら水をかけても消えません。「ダメよ、セバスちゃん、本当に水でも消えない火なのね。あーどうすればいいのかしら」マリもすっかり困り顔です。
王様にもいつもの元気がありません。「どうすればいいのじゃ、これでは町中に、いや国中に火が回ってしまうわい!!博士、本当に方法はないのか?」博士は困り顔です。
「すいません、王様・・・。」燃え広がっていく火を前に立ち尽くす王様達、このままでは、もう30分もしないうちに森は火の海になってしまうでしょう。その時、ズシーン、ズシーン・・・と、森の中から音が聞こえてきます。
燃えている木の周りの木が、どんどんと倒れていくではありませんか!?「おー、これなら火は広がらずにすみそうじゃ、一体誰じゃ!?木を倒しているのは??」ズシーン・・、倒れる木の中から、斧をもったキッコリーが現れました。
「王様、大丈夫ですか?ひとまずこれで火は広がらずにすみそうですね!」
「あー、キッコリー、お主のいうことを聞いておけばよかったのじゃ、わしが愚かじゃった。」「キッコリー、私もです。あなたのいうことを聞いておけばよかった。」王様も博士も、キッコリーに謝りました。
「いいのです、博士、王様。もし僕が木こりでなかったら、僕も消えない火を欲しがったでしょう!でも、この火はどうしましょう・・。」周りの木は倒れても、燃えさかる消えない火を消す方法が見つかったわけではありません。
その時です、マリが何かを思いついたように杖を振りました。「バンバン、ルン!」マリは燃えている火に杖を一振り、魔法をかけました。
「マリや、一体何をしたのじゃ?」「いいから見てて、私の考えが正しければ」皆が木をみていると、だんだんと火が小さくなっていくような気がします。「今よ、セバスちゃん、水をかけてみて!」「はいです!」セバスちゃんが再び水をかけると、なんと火が消えたのです。
「これは一体どういうことなのです?」博士がマリに聞くと、「今のは火の魔法よ!消えない火を、私の魔法の炎で燃やしたの」
「マリさん、ありがとうございます!もしキッコリーとあなたがいなかったら、私は国中を燃やし、取り返しのつかないことをしてしまう所でした。」博士はすっかり落ち込んでいます。
マリはいいました。「博士の発明は素晴らしかったわ。消えない火を、人間の力で消す方法を考えてね!」キッコリーも博士を励まします。「何回でも実験してください!もしまた失敗したら、いつでも木を倒しますよ!」
「わしも、消えない火の便利さに目が眩んでいたようじゃ。もっともっと勉強して、立派な国王にならなくてはいかんな。」セバスちゃんも王様の言葉にうなずきます。「じゃあ王様、帰りましょうか。お城の人形も退屈してるわ!」
                       ~王様とプロメテウス  END~

今回のお話しに出てくる、プロメテウスは映画にもなっておりますが、ギリシア神話において、人類に火を与えたとされる神様はです。はたして、火を手にした事は人々にとってはよかったのか、火は多くの幸福をもたらすと同時に多くの不幸ももたらしたかもしれません。
人々を闇の中でも照らしてくれる”火”、使い方によっては、恐ろしい兵器に変わります。今、世間で非常に関心を集めている原子力も、もし完璧に制御して使う事ができれば、人類にとっては、とても便利なものなのでしょうね。
ただ、果たして便利なものを追い求める事が本当に正しい事か・・・。わが国は世界で唯一の原爆による被爆国です。
原子力の問題は、ただ環境やエネルギーということだけでなく、便利な世の中を作る事、成長していくことを望む今の世界の姿が正しいのか・・、そんな問いかけをもっているのではないかと僕は思います。きっと正解がない問題なのでしょうが、消えない火は消せない火、これを忘れてはいけません。

王様とプロメテウス ~王様とマリ②  前編~

王様のところにやってきた、見習い魔法使いのマリ、第二回目の始まりです!
さてさて、マリがやってきてから一週間、マリはすっかりお城の生活に慣れてきました。退屈になったマリは、外に出たくてしかたありません。
「王様、今日は良い天気だし、そとに出かけようよ!」素直な王様は大賛成!「マリ、それは良いアイデアじゃ!しかし・・。」
王様はセバスちゃんの顔色を伺いました。王様は、この国の王様の仕事があります。といっても、大体は部下に任せて暇なのですが、暇な時はいかにも王様らしく、お城の王座に座っていなさいと、セバスちゃんにいわれているのです!
セバスちゃんはいいました。「ダメです、王様はこうしてわが国民のために、お城から王様らしく、国民のみんなを見守っていなくてはいけないのでございますから!」マリもセバスちゃんにそう言われては仕方ないと思いましたが、簡単には諦め切れません。
えい!ニセニコ、モグーン!」マリーは杖を一振りすると、なんと魔法で王様そっくりの人形を作って王座に座らせました。「これなら大丈夫でしょ?セバスちゃん」セバスちゃんも本当は外で遊びたかったのですが、仕方なく賛成したふりを装いました。
「まぁ、少しなら構わないですな。」「やったーーー!」マリは大喜び、王様もにんまりしています。「あ、でもこの人形動かないけど大丈夫かな・・・、私見習いだから、動く人形はつくれないの・・。」お城のみんなには、王様がいないとしれたら、大変です。
でも、王様は胸をはっていいました!「我輩はいつもぼーっとしておるので、大丈夫じゃ!」・・・王様、それでいいのでしょうか?でも、セバスちゃんが何もいわないところをみると事実なのかもしれません。
こうして、王様達一行は、お城の窓から三人乗りの箒にのって飛び出しました!「ヒャッホーーーー!」はしゃいぐマリとは反対に、王様はすっかりへっぴり腰になってます・・・。セバスちゃんも平気なふりをしていますが、箒を掴む手に力が入ってますね。
マリはうーんとスピードをあげて、ぐんぐん、お城が小さく見えなくなるまで、飛んでいきます。もう10個ほど山を越えると、大きな町が見えてきました。
ピカピカと町中は眩しく光り、道も綺麗に整理されてます。「王様、ここで降りてみてはどうかしら?とっても楽しそうよ!。」「それはいい!ここで探検じゃ。」といっても、王様は恐くて町の景色を全然みていませんでしたけどね!
マリは町の端にある、一番高い鉄塔にゆっくりと降りていきます。「ここは、科学の町、サイエンスタウンですぞ!我が国の中でも、一番実験がされている国でございます!」さすがセバスちゃん、伊達に長く生きているわけではありません。この国のことは、誰より物知りなのです。
こうして、三人は鉄塔の前に下り、鉄塔に入ってみることにしました。「わしじゃ、王様じゃ!開けてくれー!」王様が重そうな鉄の扉を叩くと、中からセバスちゃんより髭もじゃの博士が出てきました!
「ようこそ王様、私は紅茶の水博士、ここでは火の実験をしているのですよ!」鉄塔の中には、隅々までパイプが巡らせて有り、そこらじゅうで、ぜんまいやらばね仕掛けの装置が動いています。マリもびっくり、興味津々です。
「紅茶の水博士さん、ここでは何の実験をしているの?」「良くぞ聞いてくれました。ここでは、この”プロメテウス”という機械を作って、ずっと消えない火の研究をしているのです!」「へぇー、ずっと消えない火なんて、それは素晴らしいわ!魔法でもそんなに難しい事はできないもの」王様もびっくりです。
「ずっと消えない火とは素晴らしい!いつでもお風呂に入れるし、もうたき火もいらなくなるのう!」セバスちゃんはもちろん実験のことは知っていました。「博士、実験はどうでしょう?完成しそうですか?」
「なんとも偶然、実はちょうど今日、最後の実験をするところなのです!この実験がうまくいけば、消えない火は完成しますよ。」
紅茶の水博士は、”プロメテウス”を指差していいました。王様は実験をみたくてウズウズしております。「いつやるのじゃ?その実験は!早くやろうではないか!お風呂に入り放題なのだぞ!」王様はよほどお風呂が気に入っている様ですね。
「王様、準備はもう終わっていますよ!ちょっとティータイムをとってからと思いましたが、王様が来てくれたのですから、早速はじめましょうか!」セバスちゃんは気を遣っていいました。「王様のために、いいのですか?ティータイムが?」
「もちろん!私もお風呂には入り放題が楽しみです!」王様が見に来てくれたのが嬉しいのか、博士もすっかり張り切っています。「では実験開始!」博士の掛け声とともに、いよいよ実験がスタートしました。
                    ~前編終了~

桜咲く ~日記~

先週は花見にいってきましたよ~!!

日本の四季の中でも、春が一番好きだという方は多いのではないでしょうか??

やはり春といえば桜ですね!まぁ、あんまり花は見なかったのですが、楽しい時間をすごせました。

桜は、寒ければ寒いほど綺麗に咲くそうですね。

希望の季節といわれる春、人はみんな、心の春を目指して頑張っているのでしょう。

勿論僕も、心の春を探す冒険者です!どうか実りある一年になりますように!

いや、人頼みでなく、実りある一年になるよう、よくよく心という土を耕します。では、また