自分を知って苦手と向き合う! コミュニケーションツールvol.4

自分を知った先にあるものは!?

今日は人付き合いのためにとても重要な事、自分を知ることについてです。 いわれなくても自分のことは自分が一番わかってる!そう思うかもしれませんが、自分を知っている人がいても、それをどう活かせばいいのか、それを知らなくては意味がありません。

tisiki

多くの人が、あの時こうしていればなぁ・・・、そんな後悔をした事があるのではないかと思います。そんな失敗をなくすためにも、本当に『自分を知る』ということを実践しなくてはいけません。 では、まずは自分を知るということは一体どういうことか、それをお伝えしますね。自分を知るには、自分の過去のこと、環境を知る事が大事です。よく、精神鑑定などで家庭環境をよく調べますが、特に家庭環境は大きく性格に影響しているものです。

過去を見れば、自分が見えてくる!

僕自身のことをいえば、母親はとてもヒステリックで、四六時中怒鳴っているような人で、いつも怒ってばかりいました。そんな環境でいるとどうなるかというと、自分の気持ちを内側に押し込めて、外に表現する事が苦手になり、できるだけ自分の内心を表に出さない、そんな人間像が出来上がります。 僕の場合は、初対面の人が苦手です。

一人でいる時は、誰かに道を聞いたりすることが苦手ですし、お店などでよく値段が表示されていない商品とかありますよね?あういう商品の値段はまず聞けません。 もちろん、全ての場面でそうというわけではないのですが、そんなふうに自分自身を観察すると、自分の苦手が生み出された原因の中には、幼い頃の環境だったりと、過去の経験が大きく影響していることが発見できます。

正しい苦手意識が、自分を成長させる!

それを意識しながら観察すると、自分はこれが苦手なんだなぁ~ということがよく見えてきます。 そして、この苦手意識を持ってそれを許すことが、あなたが自身を知って活かしていく一番のコツなのです。人は、苦手なことを見つけると克服しようと頑張るものです。しかし、苦手意識は長年の自分の人格から形成されたものであって、無理に克服しようとしても、うまくいかないことがほとんどです。

自分が苦手だと思っている出来事に遭遇したらするべきこと、それは苦手を克服しようとすることではなくて、それがなぜ苦手なのか考えてみる事です。例えば、人前で何かを発表する事が得意な人や、苦手な人がいますよね。 振り返ってみれば、過去に人前で大きな失敗をしたことがあったりと、今の苦手を作り出している原因があるはずです。そこで、自分はこういうことがあって、それでこれが苦手なんだなと振り返ることで、苦手意識の原因が見えてきて、自分が苦手だということに納得できるのです。この納得が心にしっかりとしみこむことで、人は始めて苦手と冷静に向き合うことができます。自分を知ることを掘り下げれば、そこから対策も見えてきますよ!では、今日はこれで失礼しますね!

パワーストーン × オーラ診断

苦手なことが多すぎる、ヒロシへのオーダーメイドブレスレットの注文は↓↓から!!

パワーストーンブレスレットのオーダーメイドはこちらから!

◆当サイト人気の無料診断コンテンツ◆

このブログと一緒によく読まれているブログ

コメントを残す