苦手な人との付き合い方② ~コミュニケーションツールvol.7~

自分の気持ちを整理しよう!

さて、今日はこのブログでもかなり検索ワードとして上位にあがる、苦手な人との付き合い方の第2段です。やはり、仕事などの固定化された環境ですと、どうしても苦手な人との人間関係が避けがたい場合がありますね。前回は、共通の敵を作る事をお伝えしましたが、今回は、相手への対処法を紹介しましょう。 まず、苦手な人と対峙したとき、自分の否定的な感情をよく観察してください。例えば、相手に対して、気まずい、圧迫感がある、話が噛み合わない、悪意をもたれているなど、苦手な方と対峙した時、必ずあなたの中には否定的な感情が浮かんでいるはずです。ここで、大抵の人はこの状況を何とかしようと考えます。

苦手の原因は、”わからない”こと!?

そうすると、ますますあなたの心に否定的な感情が広がってしまうのです。それを食い止めるために、まず自分に起こっている否定的な感情を受け止めることです。例えば、会社の上司の機嫌が悪く、気まずい空気の時は、それをどうにかしようとするのではなく、気まずいという言葉をひたすら繰り返します。 この空間は気まずいんだ、もう胸が苦しくて息がつまりそうになっている。そんな自分の気持ちをみつめる事で、不安がそれ以上広がる事はなくなります。不安というのは、多くの場合どうしていいかわからない場合に起こります。

苦手な人との付き合い方 コミュニケーションツール

いざ苦手な人と対峙した時、むりに話を盛り上げようとしたり、苦手意識をうちけそうとしても、なかなか変わらないもの。その場ですぐに解決する方法はないに等しいにも関わらず、答えをさがしてしまうために、さらに焦ってしますのです。そうではなく、問題が起こっているという事実を受け入れる事で、苦手な意識から派生する答えがわからないという不安が広がることを防ぐ事が出来るのです。

わからないは、ほっておくのが吉!

わからないことを、わかろうとすることで、自分の意識は余計に混乱します。そんな時は、それを一つのわからない、という感情として受け止めてみましょう。時には、無理に問題を解決するのではなく、傍観するということも1つの手段です。そうすることで、答えをさがさなくてはという不安が軽減し、気持ちもずっと楽になるはずです。もし、今苦手は人が周りにいるなら、是非試してみて下さいね。きっと気持ちが楽になります。では、失礼しますね!

こんな時どうすればいい?そう思ったら鑑定依頼を↓からどうぞ!!

パワーストーンオーダーメイドブレスレットの注文はこちら

◆当サイト人気の無料診断コンテンツ◆

このブログと一緒によく読まれているブログ

コメントを残す