パワーストーンの組み合わせ

今日はパワーストーンの組み合わせについて説明しましょう!
実はパワーストーンには、理想的な組み合わせがあります。金運も、恋愛も、対人運もと欲張って一つのブレスレットに詰め込むと、効果が反作用してしまい、せっかくのブレスレットの効果も薄れてしまうのです。パワーストーン同士の効果を正しく発揮するためには、それぞれの石の相性や配置をしっかりと考えなくてはいけません。

パワーストーンの効果を高める組み合わせをご紹介!

理想的な配列とは?

では、一体どのように配置するのがいいのか。まず、二種類以上のパワーストーンを配置する場合ですが、下の図を見てください。赤がファイヤーアゲート、青はアクアマリン、白丸は水晶です。このように対極にストーンを配置する場合、お互いの石は最大限に作用します。

しかし、情熱の石であるファイヤーゲートと、安定の石アクアマリンでは、効果が反作用してしまいます。これでは、せっかく身に付けたパワーストーンブレスレットも、狙った効果を発揮することが出来ません。

パワーストーンの組み合わせ

アクセサリーを使って反作用をブロック

そこで注目したいのがアクセサリーパーツです。どうしてもこのようにストーンを配置したい場合は、パーツを使って効果ブロックすることです。下の図を見て下さい。図のようにして、アクセサリーで石を挟みこむことで、それぞれの石の効果は半端することなく、二つの石の効果を活かしたブレスレットにすることが出来ます。このように、ブレスレットに組み込むストーンを配置する際には、全体の効果のバランスや、配置する場所。またアクセサリーパーツまで、全てを総合的に考える必要があるのです。

パワーストーンの組み合わせ2

ブレスレットの効果を最大限に高めよう!

ここで注意して欲しいのが、パーツの種類です。パーツは必ずシルバーのものを使うようにして下さい。実際に銀素材でなくメッキでも構いませんが、ストーンの反作用を抑えるには、ゴールドやプラスチックなどの素材ではなく、銀色の素材が最適であることに注意して下さいね!このように、配列にも細心の注意を払うことで、ブレスレットの効果は最大限に発揮できます。

またその他にも、ストーンの効果を閉じ込めてくれるヘマタイトだったり、バランスを整えてくれる翡翠を入れてみたりと、パワーストーン同士の配列にも注意する必要があります。もしも、ご自分のブレスレットに目立った効果が見られないという方がいたら、一度ブレスレットの配列を見直してみるといいでしょう。

パワーストーン × オーラ診断 オーダーメイドブレスレットの注文はこちらから↓↓

◆当サイト人気の無料診断コンテンツ◆

このブログと一緒によく読まれているブログ

コメントを残す